勤務経験が浅く転職回数も多いハンデを克服して転職に成功

A.Nさん  20代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
経理
年 収 /
270万円

転職後

勤務先 /
音楽関係の出版・イベント会社
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

POINT この転職のポイント

給与の遅配、高い離職率など、職場環境の悪さから転職を決意

経験よりも経理の基本的な知識を求める会社に応募し、キャリアの短さをカバー

口述試験や面接の詳細な内容を事前にエージェントがレクチャー

安心して働ける職場環境を求めて転職活動を開始

専門学校在学中に税理士試験を受け、2科目に合格したA.Nさん。卒業後は、2つの税理士事務所で補助業務に携わってきました。しかし、前職の事務所は残業時間が多く離職率も高い職場。さらに給与の遅配もありました。そこでA.Nさんは、安心して働ける職場を求めて転職を決意されました。転職先は税理士事務所でも事業会社でも構わず、税務ではなく経理職でキャリアを築いていきたい、というのがご希望でした。

しかしA.Nさんは、職歴にある2つの税理士事務所とも1年未満で退職していることや、補佐業務の経験しかないため経理のスキルが十分ではないという懸念点ありました。

税理士試験で勉強した基礎知識をアピール

A.Nさんから相談を受ける一方で、音楽関係の出版やイベントを手掛けている会社から、次のような求人が届いていました。

「20代で経理に関する幅広い知識を持っている人材。経験はさほど問わない」

経験については、実務を通して積んでいってもらえればいいとのことでした。A.Nさんは税理士試験を2科目合格しており、税理士事務所での補助業務から得た知識も有しています。また、明るく素直な性格が、その会社の雰囲気にも合うと判断し、A.Nさんにご紹介しました。

正社員ではなく契約社員での募集ということで、A.Nさんの希望とは一致しない面がありましたが、先方の経理部署のマネージャーは、私が転職をサポートした方。職場の雰囲気なども分かっていたため、安心して働ける職場であることは確信していました。そこで、A.Nさんには音楽業界では契約社員からスタートするのが一般的であり、しばらく経験を積んだ後に正社員として再雇用されることが多いことを説明したところ、数日後に「受けてみたい」というお返事をいただきました。

試験の内容や会社の雰囲気などを事前にレクチャー

面接対策では、独特の口述試験があるなど、同社の選考方法については細かく把握していましたので、それをお伝えしました。また、緊張がほぐれるように面接に対応する社員の方には穏やかな方が多いことや、落ち着いた雰囲気の職場環境であることなど、私が知っている情報を詳細にお伝えしました。

面接はスムーズに進み、S.Nさんも「堅実そうな会社で職場の方もいい方ばかり。相談などもしやすそうな職場でした」と好印象でした。一方で、先方の担当者からも素直さと謙虚さを評価いただき、入社後の成長に期待するということで内定となりました。 入社1カ月後、様子が気になりS.Nさんにメールをお送りすると、ご本人からすぐに電話がかかってきて、「毎日がとても楽しい」と元気な声を聞かせていただきました。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、医療系専門商社で営業職として3年間勤めた後、エージェントに転職。業種を問わず、主に中小企業を担当。採用のミスマッチが起きないように、企業側に対しては登録者の人柄を、登録者に対しては会社の雰囲気を細かに伝えることを心掛けている。また採用決定後のアフターフォーローも大切にしている。

【専門領域】
・中小企業全般


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号