年収アップによる引き留めを断り、新たな舞台を選択

S.Nさん  30代  男性  
経理

転職前

勤務先 /
オンラインゲーム会社
職 種 /
経理
年 収 /
450万円(転職活動中に520万円にアップ)

転職後

勤務先 /
投資情報提供会社
職 種 /
経理
年 収 /
450万円

POINT この転職のポイント

現在30歳、連結決算業務や開示業務を経験している人材

上場企業希望だったが、幅広い経験が積める中規模の企業を紹介

前職の会社から年収大幅アップで慰留されるが転職を決断

安定して働ける職場で経験の幅を広げるため転職を決意

S.Nさんの前職は、オンラインゲーム会社。1部上場を果たした伸び盛りの会社でしたが、深夜にまで及ぶ残業が多く、人の入れ替わりも激しい職場環境でした。また、ゲーム事業は、はやり廃りが速く、経営に波があることもS.Nさんにとって気掛かりな点でした。そこでS.Nさんは、経営が安定している会社を求めて転職活動を開始。前職と同じく、連結決算業務や開示業務などに携われる上場企業を希望されていました。

マネジメント経験こそないものの、30歳にして連結決算業務や開示関連の資料作成業務を経験しているS.Nさんは、転職市場では引く手あまたの人材です。希望を詳しくお聞きすると、実務経験を深めていきたいとのお考えでしたので、経理担当が少人数であり、連結決算業務などが担当できる中規模の企業を中心に30社ほどご紹介しました。その1つが、今回転職先となった、創業以来20年以上わたって黒字経営を続けている投資に関する情報提供会社です。

面接を受けた直後に内定が出る

S.Nさんは、前職で関係各部署との協力関係の構築を大切にされてきたこともあり、責任感が強く、営業職でも十分にやっていけるほどのコミュニケーション力をお持ちでした。そこで面接に関する細かいアドバイスは行わず、エージェントとして事前に先方の担当者にお会いし、お人柄や人材に対するニーズを引き出し、それをお伝えしました。

面接は大成功。直後に先方から「ぜひ当社に来てほしい」という連絡があり、S.Nさんも早く内定を出していただけたことに対して、「自分を必要としてくれている」と強く心を動かされたようです。S.Nさんは、ほかにも何社か内定を得ていましたが、この会社を選ぶことを決断しました。

年収アップで引き留められるが、長期的な視点で転職を決断

経理スキルが十分でコミュニケーション力もあり、リーダー候補として期待できるS.Nさん。このような優秀な人材を、前職の会社が簡単に手放すわけがありません。内定が出た後、S.Nさんを引き留めるため、約100万円の年収アップを提示してきました。会社に残るか否かはご自身の判断ですが、引き留められて会社に残ったものの、居づらくなって結局辞職するケースが少なくないという実例をお話ししました。

S.Nさんご自身も、一度辞職を申し出た者への評価が厳しいこと、今年年収が100万円アップしたとしても、来年は下げられる可能性があることを懸念されていました。「それならば、転職動機通りに長期的に働けて経験も積める会社を選びたい」と引き留めを断り、転職の道を決断されました。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、医療系専門商社で営業職として3年間勤めた後、エージェントに転職。業種を問わず、主に中小企業を担当。採用のミスマッチが起きないように、企業側に対しては登録者の人柄を、登録者に対しては会社の雰囲気を細かに伝えることを心掛けている。また採用決定後のアフターフォーローも大切にしている。

【専門領域】
・中小企業全般


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号