万全の面接対策で、派遣社員から正社員へ

M.Fさん  30代  女性  
経理

転職前

勤務先 /
不動産管理会社(派遣社員)
職 種 /
経理
年 収 /
250万円

転職後

勤務先 /
仏具製造販売会社
職 種 /
経理
年 収 /
330万円

POINT この転職のポイント

正社員の職に就くことを希望して転職活動を開始

過去の業務の棚卸しによって、自分の強みを把握

会社を選ぶつもりで面接に臨み、ミスマッチを回避

長期的な雇用が保障される正社員になりたい

M.Fさんは主に派遣社員として、さまざまな会社で経理業務を経験してこられました。しかし30代後半という年齢に差しかかり、「長期的な雇用が保障されている正社員の仕事に就きたい」という思いが強くなり、ジャスネットキャリアに相談に来られました。 職種については、これまでの経験を活かせる分野ということで、経理職を希望。年収に関するこだわりはさほど強くなく、多少収入が低くくなっても、安定した雇用が得られることを望んでいらっしゃいました。

転職市場では、派遣社員としての経験が長いことや、30代後半という年齢はネックになりますが、そんな中で、仏具の製造販売会社をご紹介することができました。この会社は、経理事務に欠員が生じたため、日常経理ができる人を正社員として急きょ募集していました。M.Fさんの希望である「正社員」、転職先の会社が希望する「日常経理ができる人」という双方のニーズがマッチしていました。

アピールできる強みを誰もが持っていることを本人に伝え、自信を持って面接に

M.Fさんは書類選考を通過し、面接に臨むことになりました。ところが本番を前にして「私みたいに正社員の経験がほとんどない人間を、本当に会社は雇ってくれるのでしょうか?」と、不安を口にし始めました。
確かに有利な状況ではありませんが、派遣、正規雇用に関わらず、長年仕事をしていれば、アピールできる強みが何もない人はまずいません。そこで、一緒にこれまでの業務経験についての棚卸しをすることにしました。すると前職の会社で、新しく入ってきた派遣社員の教育係を担当していたことが分かりました。教育係を任されていたということは、業務に関する十分な知識を持ち、コミュニケーション力もある人物として会社から信頼されていた証です。この点をアピールしない手はありません。

M.Fさんには派遣社員の時にどんな経験をして、その経験を応募会社で正社員になったときにどう生かせるかを順序立てて話すようアドバイスし、そうすることができれば、魅力的な人材として評価されるはずだと伝えました。

面接は選ばれる場でもあり、選ぶ場でもある

また、面接の時には面接官の質問に答えるだけではなく、疑問点についてはこちらからも遠慮なく聞くようにアドバイスしました。M.Fさんは「嫌がられませんか?」と不安そうでしたが、聞くべきことを聞いただけで嫌がるような会社で働きたいでしょうか?
面接は会社から選ばれる場であるだけでなく、転職希望者がその会社で働けそうかを見極める場でもあります。そのことをお伝えするとともに、面接官の人柄や性格についてもお伝えしました。

こうして周到な準備をした上で臨んだこともあり、面接はとてもうまくいきました。先方からは「受け答えがしっかりしていて感心しました。経理の専門スキルはさほど高くありませんが、向上心がありそうな方なので今後の伸びに期待しています」という評価をいただきました。

M.Fさんに「内定が出ましたよ」とお伝えするととても喜ばれ、即決で「入社します」とお返事がありました。希望されていた正社員の職に就くことができ、エージェントとしてもサポートできてよかったと思っています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、大手予備校で300人以上の生徒指導、校舎運営、スタッフのマネジメント、採用、研修等幅広い業務に携わる。大学受験から転職というより広い視野で人生、キャリアを決定する場面で、一人ひとりの方に最良のキャリアを提案したいと考え、弊社に入社。

【専門領域】
・教育系 ・事務、管理系


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

経理の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号