監査の経験と大学院での学びを生かし、更なるステップアップへ

N.Mさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
中堅監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
450万円

転職後

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
会計監査、IPO支援など
年 収 /
470万円

POINT この転職のポイント

監査法人を退職、MBAを取得後の進路に悩む

経営学の知識を生かせる職種として当初はコンサルタントを希望

再び監査法人という意外な提案に驚くも、業務内容からベストな選択と確信

監査法人を辞め、大学院へ進学

大学在学中に公認会計士試験に合格し、新卒として中堅の監査法人に勤務していたMさん。上場企業の法定監査を中心に、監査業務の経験を積んでいましたが、将来を考え「公認会計士という資格以外にも自分に付加価値をつけたい」という思いから、一度、監査法人を退職し、MBA取得のため大学院への進学を決意されました。

初めての転職活動 キャリアチェンジかキャリアアップか

実はMさんは、MBA取得後の進路について、「大学院入学当初は、監査法人に再就職するのではなく、漠然とコンサルティング会社などへの転職を考えていた」とお話されていました。新卒のときに就職活動は行っていたものの、転職は初めて。会計士としての監査の経験と、大学院で学んだ経営学の知識を生かし、自分のやりたい業務を経験できるフィールドを求めて、エージェントとの個別面談にご来社されました。

業界に精通したエージェントだからこそ、実現したマッチング

前職の監査法人では上場企業の法定監査が中心でしたが、大学院で学んだ経営的な視点を生かしたいという思いから、コンサルティング的な業務を経験できる場所をご希望されていたMさん。そこでエージェントからは、監査の経験を生かすことができ、なおかつ未上場企業のIPO支援や任意監査業務などに携わることができる「監査法人のとある部署」の求人を紹介させていただきました。同じ監査法人ではありますが、会計監査の業務にプラスして、前職の監査法人では携わることができなかったコンサルティング的な業務の経験を積めるということがポイントでした。
監査法人で勤務されていたMさんですが、他の監査法人がどんな組織でどんな業務を行っているのかということまでは知らず、この提案に非常に驚いたそうです。と同時に、自分ひとりの転職活動では出会えなかった求人を提案してもらえたことに、とても感謝しているとお話されていました。
「監査法人という同じ業界にいても、他の監査法人の組織など、知らないことは結構たくさんあります。自分自身で、一般公募されている求人から選んでいたらミスマッチがあったかもしれません。また、私の場合は、大学院で在学しながら転職活動をしていたので、採用時期についても不安がありました。"早く働き始められるなら、なるべく早く働きたい"という希望をエージェントに伝えたところ、"大学院在籍中は非常勤として勤務し、修士論文提出後からフルタイムの正規採用に切り替える" という条件を付けて先方にご紹介頂けたのも、エージェントを利用した転職活動のメリットだったと思います」とMさん。監査法人の本質的なニーズを捉えているからこそ、このようなご提案をすることができました。
Mさんは今、監査のご経験をさらに深めつつ、企業の経営に関わる支援へとフィールドが広がることに期待をしながら、ご活躍されていらっしゃいます。

担当エージェント

エージェント紹介

実務的な会計知識や業界動向など様々な領域における深い知識を持ち、監査法人、税理士法人、コンサルティングファーム、一部上場企業からベンチャー企業まで幅広い成約実績を持つ。求職者も公認会計士、税理士、弁護士、経理管理職からスタッフまで幅広く2000名以上の支援を行う。

【専門領域】
・メーカー、コンサルティングファーム
・海外展開あり(日系グローバル企業)、上場企業、大手企業


関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二