パブリックセクターの監査を希望し、大手監査法人へ転職

K.Mさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
中堅監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
450万円

転職後

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
470万円

POINT この転職のポイント

新卒時に辞退した大手監査法人にあらためてチャレンジ

希望していたパブリックセクターの部門で採用決定

初めての転職で、エージェントが丁寧に面接対策を

公認会計士試験の合格後に監査法人に入所、公益法人の監査に興味を持つ

「思い立ったらすぐ行動を起こす短期集中タイプ」とおっしゃるMさん。大学2年のときに公認会計士を目指し、実質1年の勉強で公認会計士試験に合格されました。
在学中から現在の勤務先である監査法人に勤務され、上場・非上場企業、公益法人を対象とした会計監査業務のほか、「幅広い仕事を経験しよう」と、社内のセミナー運営やリクルート活動などにも積極的に従事されています。
「監査業務ではチーム内のコミュニケーションが重要であったことから、相手の立場を理解し、柔軟に関係を構築できることが自分の強み」とおっしゃいます。

公益法人を担当したことで、コンサルティングの要素が含まれるパブリックセクターの監査に興味を持ったMさんですが、今の監査法人にはクライアントの数に限りがあり、希望は通りにくいのが現状でした。また、ゆくゆくはより規模の大きな監査チームを経験してみたいと考え、入社2年目で大手監査法人へと転職することを決めました。

パブリックセクター向け監査・コンサルティングの求人に応募

実はMさん、公認会計士の試験合格時に大手監査法人の書類選考は通過していたのですが、一番先に内定を出してくれた今の監査法人に入所を決め、ほかは面接を受ける前にすべて辞退していました。

「Mさんでしたら、当時辞退された監査法人にも採用された可能性は高いと思います。実務経験を積んだ今なら、ご自身が望む分野の求人に絞って受けても合格するでしょう」と担当エージェント。

さっそく、パブリックセクター向け監査・コンサルティング業務を強化していた大手監査法人をご紹介しました。中央省庁、独立行政法人、国公立大学法人、地方自治体、公社などに対する会計監査ほか、経営改革コンサルティング、行政評価制度の導入コンサルティングなどを行う部門です。

初めての転職。面接対策はエージェントがアドバイス

大手だけに新人会計士向けの育成プログラムも充実しており、入社して実務を積んだのちのキャリアプランも多彩とあって、こちらの監査法人を第一志望に決めたMさん。初めての転職だったため、エージェントは面接までに心掛けておくことをアドバイス。

「なぜこちらの監査法人を受けたのか、なぜパブリックセクターを希望するのか、志望動機については必ず聞かれると思って準備しておいてください。Mさんの場合は、試験合格時に大手監査法人を受けなかった理由も整理しておくといいですね」

大学時代のアルバイトでホテルのフロントマンの経験もあり、しっかりとビジネスマナーを身に付けているMさん、「若いのに非常に礼儀正しく、またユーモアも感じさせる」と、会社側から人物面でも評価を受け、見事採用に。大手監査法人でのパブリックセクターの監査を希望してすぐに行動を起こしたことで、Mさんは希望どおりの転職を成功させることができました。

関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二