年収よりも事業会社での連結決算のチームリーダーを選択

N.Iさん  40代以上  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
1000万円

転職後

勤務先 /
小売業
職 種 /
連結決算
年 収 /
700万円

POINT この転職のポイント

大手監査法人から事業会社へ転職、新たなキャリアを目指す

年収よりも、やりがいと定年まで勤められる環境を優先

公認会計士を初雇用となる会社側も、安心して採用を決定

家業の会社役員として従事しながら公認会計士試験に合格

ご実家が卸売業を営んでいるIさん、大学の商学部を卒業後は家業を継がずに別の卸売業会社に入社し、経理課に配属されて出納業務や月次決算業務を担当していました。

ところが1年半後にご実家の事情で家業を承継することになり、在庫管理、受発注管理、顧客管理、営業、配送、月次決算まで事業全般に従事。

従業員に対するコスト削減意識の周知の徹底や、地域密着型の展開による顧客との信頼関係の構築など、9年以上にわたって取り組みました。

そんな中、会社を会計的見地から把握するために専門知識を習得しようと、公認会計士を志すようになったそうです。

仕事と並行して試験勉強に励んで見事公認会計士試験に合格し、これを機に退職して大手監査法人に入所しました。

大手監査法人で監査業務のキャリアを磨く

監査法人では、一般事業会社、地方銀行、学校法人、公益法人、財団法人、鉄道会社、電力会社など最大11社の金商法・会社法監査を担当。

多くの業種業態のクライアントに関与したことで、「それぞれの会社に即した監査手続きにも精通し、会社の資料を鵜呑みにしない厳しい目を養うことができた」とおっしゃいます。

6年目からはインチャージとして株式上場支援にも携わり、予備調査による課題抽出、連結決算作業体制に対する会社への指導、内部統制構築支援や証券取引所提出書類の作成支援を通じて、飛躍的にスキルアップされました。

40代に入ったIさんは「より顧客の目線に立って税務のスキルアップを図り、新たなキャリアに挑戦したい」と考えるようになり、転職することを決めました。

連結決算のチームリーダーへとキャリアチェンジ

実家の会社を継ぐ気持ちはなく、定年まで勤めたいと願うIさんに、担当エージェントは小売業の一般事業会社をご紹介しました。連結決算のメンバーに欠員が出たことによる募集で、リーダーとしてのポジションを期待されていました。

会社側は公認会計士の採用には乗り気でしたが、これまで公認会計士を採用したことがなく、「ハードワークが当たり前の監査法人から入ってこられた場合、部下に対して厳しく接すことで部下が付いていけないのでは」との心配もあったそうです。

インチャージとしての経験も豊富なIさん、「チーム全員で協力してゴールを目指すのが私の信条です。部下に強要したことは一度もありませんし、自分で言うのもなんですが、チームのメンバーからクレームが来たこともありません」。

会社側はIさんのスキルと人物面ともに納得し、採用が決定しました。公認会計士としても事業会社の役員としても指導経験を持つIさん、今後は連結決算チームのリーダーという立場からマネジメント能力を発揮されることでしょう。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号