クライアントに近い立場での仕事を求めて

K.Nさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
公認会計士
年 収 /
750万円

転職後

勤務先 /
コンサルティングファーム
職 種 /
コンサルタント
年 収 /
700万円

POINT この転職のポイント

志望動機がはっきりせず、転職活動が進まない状態でご相談に来社

事業会社、コンサルティング会社、税理士法人と幅広い可能性を検討

エージェントのヒアリングを通じて働きたい会社像が明確に

漠然としたキャリアプランでのご相談

Kさんは、大学在学中に公認会計士二次試験に合格をされた方で、監査を8年経験されています。監査には厳しいと言われるクライアントなども担当しておられ、非常に優秀な方でした。
漠然と、よりクライアントに近い立場で仕事をしたいという事でご相談に来られ、 明確にキャリアプランをお持ちではありませんでした。

具体的な将来像を描くために

Kさんは、ご相談に来られた時点で、既に多くの紹介会社様へ登録されていて、事業会社、コンサルティング会社、税理士法人など数多く受けておられました。
ただ、どれもピンときていないご様子で、志望動機が明確でないこともあり、思うような結果が出ていない状況でした。
Kさんとしては、このような結果も踏まえて、親身に相談したいという思いが強かったようです。
ヒアリングをしていくとKさんは、自身の知識やスキルがきちんと成果として現れることや年収は大幅に下げたくないこと、英語も勉強しているので今後は活かせるような環境で仕事をしたいことなど、徐々にご自身のご希望と働きたい会社像が整理されてきたようでした。
また、事業会社、コンサルティングファーム、税理士法人などにおける現状の仕事内容、楽しさと厳しさ、将来の可能性などご説明をさせて頂き、Kさんにマッチする会社について一緒に考えていきました。

キャリアプラン明確化がポイントとなって順調に選考が進み内定へ

漠然とされていたキャリアプランですが、求人案件を見ながら、それぞれの特徴、キャリアパス、ご自身の現時点での拘りなど一緒に考えることで明確になったようでした。
また、相談する事で光が見えてきたご様子で、会計士をそもそも目指した理由という原点に立ち返り、明確にコンサルティングファームで仕事をしてみたいと思われたそうです。
志望動機が明確になると、選考は順調に進みトントン拍子で決定に至りました。

担当エージェント

エージェント紹介

プラントメーカーの営業経験、その後、創業したばかりのIT企業に転職をし、IPO、M&A、MBOを経験。 黎明期~再生期までの企業での勤務経験や、大手企業~ベンチャー企業までほぼ、全てのステージの企業における勤務経験がある。その後、人材業界へ。転職支援者は、3000名を超え、クライアントは、中小企業~外資系世界NO1企業まで多岐に渡る。

【専門領域】
・コンサルティングファーム(監査法人含む)、税理士法人・会計事務所


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号