“数字を作る立場”で会社に貢献するべく監査法人から経理へ

O.Hさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
中堅監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
550万円

転職後

勤務先 /
製造業
職 種 /
経理・財務
年 収 /
480万円

POINT この転職のポイント

監査法人で活躍する公認会計士、事業会社への転職

企業規模よりも、長く働ける社風を重視

会計士の採用は初めての企業で、社風と人物像が見事にマッチ

実務を経て思いが再熱、ご苦労されて公認会計士に

大学を卒業後に公認会計士の勉強に専念していたHさんは、やがて目標を税理士へと方向転換して会計事務所へ入所しました。2年の間に数十件の税務顧問業務に従事されましたが、スポット業務で会計コンサルティングを手掛けたことで会計士への思いが再熱します。退職してあらためて公認会計士試験に挑み、ついに合格。念願であった会計士として中堅監査法人へ入所しました。

4年以上にわたって東証一部上場メーカーやJASDAQ上場のサービス業、通信業などさまざまなクライアントに対する監査業務に携わってきましたが、スピードを持ってスキルを向上させられるよう、全体像を把握しやすい規模のクライアントを率先して担当していたそうです。
入所3年目からは現場副主任として各スタッフのタスク配分・管理や経営者ヒアリングなども担当されてきました。

社風の合うメーカーで「作る立場になって貢献したい」

苦労して会計士となり、短期間に成長されたHさんですが、次第に多数の会社を“チェックする立場”よりも、一つの会社で“数字を作る立場”に魅力を感じるようになったとおっしゃいます。クライアントの中に製造業の会社が多く、社風がご自身と合うと感じたことから、「自分に合った環境で長期的に腰を据えて働きたい」と転職することを決めたそうです。

担当エージェントがお会いした際にも、「大手に行きたいということではなく、メーカーでやりたい、社風を重視したいという意思がはっきりしていらっしゃいました」。
そこでエージェントは製造業会社の求人の中から、「長期で働いている方が多く、おだやかな社風だと感じていた」会社をご紹介しました。

社風と人物がぴたりとはまったマッチング

今回の募集は、契約社員として入社して半年後に正社員になるという常用目的紹介でした。転職者の立場から見るとデメリットと感じて無理もない条件ですが、Hさんに迷いはなかったようです。面接でも、「日常的な経理業務も積極的に習得していきたい。将来的には得意分野である開示業務でもお役に立ちたい」というお話をされたそうです。

会社では今後M&Aを予定しており、専門知識を持った人材を社内に置きたいというご希望があったことからも、Hさんのスキル、明確なキャリアプランが評価されました。
「会計士を採用することが初めてであり、社風になじんでもらえるかというご不安をお持ちだったのですが、Hさんならば大丈夫と人物面でも高評価だったようです」とエージェント。
その評価の表れとして、公認会計士の年会費も会社が持ってくれるという、Hさんにとってうれしいオフォーもいただきました。

「自分の感覚なので表現するのが難しいのですが、紹介する方と会社がぴたっとはまった感覚になるときがあるんですよ。今回がまさしくそうでした」
社風に合うかどうかは書類ではなく人が判断しなければなりません。
多数のマッチングを成功させてきたエージェントならではの勘といえるでしょう。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号