「仕事で社会貢献する」夢をつかみ、国際税務のキャリア始動

K.Eさん  30代  女性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
会計事務所
職 種 /
経理
年 収 /
240万円

転職後

勤務先 /
製造業
職 種 /
税務
年 収 /
450万円

POINT この転職のポイント

30代で公認会計士試験に合格し、事業会社で再スタート

企業理念に共感できる会社を希望

面接でのはっきりとした意志表示が高評価に

法学部出身ながら会計士を目指すことに

国立大学の法学部を卒業されたEさんは、弁護士会の事務局に入局し、財務課へ配属されて経理業務を担当しました。入出金振替伝票作成や出納、決算書作成といった業務に従事する中でいつしか公認会計士の夢が芽生え、勉強をスタートさせたそうです。弁護士会を退職後は試験勉強に専念していましたが、1年後に会計事務所へ入所し、税理士業務補助として決算書作成、連結財務諸表作成、所得税等確定申告書作成などの実務を経験。その後も監査法人の契約社員や経理事務所のパートを続けながらコツコツと勉強に励みました。

そして年齢は30代に入り、ついに公認会計士の論文式試験に合格。まじめで律義なEさんは、試験合格後も現職場に迷惑をかけないようにマニュアルを作成して引き継ぎのめどを付け、いよいよ転職活動が始まりました。

「社会貢献」の思いでモチベーションを持続

勉強を始めてから約5年、仕事と勉強を両立させ、その間の年収は常に200万円台…彼女のモチベーションを支えたのは「仕事で社会貢献したい」という思いでした。担当エージェントは「資格取得にあまり時間がかかると、ほどほどにあきらめて実務の方にシフトされる方も多い中、最後までやり遂げたEさんは意志の強い方。一般事業会社を希望されていましたが、企業理念や社会貢献を最も重視されていました」。

エージェントは物流の要となる東証一部上場のメーカーの求人をご紹介。「社会的なインフラを支える存在であり、今後は海外を視野に発展途上国のインフラも支えていく可能性も高い」とEさんに説明したところ、「絶対に入りたいです」。即答でした。

意志の強さで採用を勝ち取った

会社側では国際税務の経験者を募集しており、英語もまだまだ勉強中であるEさんには決して低いハードルではありません。しかし入社の意志を強く持ったEさんは、面接でしっかりと自分の気持ちを伝えました。「これまでの仕事で国際税務をやる機会はなかったので興味があること、主計として活躍したいと考えていることを、Eさんの上司になるであろうグループ長、部長がいる前ではっきり告げたそうです」とエージェント。キャリアイメージを明確にしたことが先方に評価され、希望どおり主計での採用が決まりました。

意志の強さによって、スキルよりマインド重視の採用を勝ち取ったEさん。本当の意味でのキャリアスタートは今からといえるでしょう。現在はTOEIC受験のため猛勉強に励んでいるそうです。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号