経営企画を目指して、大手メーカーの経理から再スタート

K.Nさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
コンサルティングファーム
職 種 /
ディールアドバイザー
年 収 /
750万円

転職後

勤務先 /
製造業
職 種 /
経理
年 収 /
730万円

POINT この転職のポイント

相談ベースでエージェントと面談し、望む会社像を明確化

経理部門が経営企画と近い関係にあることが選択の決め手に

実力次第で年収の大幅アップも期待できる大手企業を選択

監査法人から転職してディールアドバイザーのキャリアを積む

大学4年生で公認会計士試験に一発合格し、大手監査法人に入所したNさん。法定監査や内部統制監査、IFRSコンバージョン、US-GAAP コンバージョン、IPO支援などに従事し、監査業務ではインチャージも経験しました。
4年目にシニアに昇格し、その翌年には希望してグループ内のコンサルティングファームに転職、現在まで財務デューデリジェンス、事業計画作成支援といったアドバイザリー業務に携わっています。

監査からアドバイザリー業務に変わったことで、チームが協力して一つのプロジェクトを成し遂げていくことにやりがいを感じたNさん。さらに思いは膨らみ、「外部からアドバイスするだけでなく、実際に事業会社に入ってプレイヤーとして事業にかかわりたい」と思うようになったそうです。
Nさんはすぐの転職はお考えではありませんでしたが、30代を迎える前にまずは面談をご希望され、弊社にご登録いただきました。

将来的には経営企画を希望して、大手メーカーの経理を志望

まずNさんからご相談を受けたのは「転職時期は20代がいいのか、もっとスキルを身に付けてからの方がいいのか」。
「若い転職希望者からよく受ける質問の一つです」と担当エージェント。「今でも士業を“先生”と見る傾向はありますので、監査法人や会計事務所、税理士事務所から一般事業会社への転職の場合、会社側では一スタッフとして会社に馴染んでもらえるかを心配されることがあります。若い方が順応性は高いと考えるため、一般的には管理職でない限り20代で転職される方が求人数は多くなります」

そしてNさんが最も思案していたのは「経理として大きな数字を扱う安定した大手企業か、経営者の右腕として管理部門全体を見渡せる中堅企業か」。

「将来は経営に近いポジションで活躍したい」という意向が強く、当初はどちらかといえば中堅志向だったNさんに、エージェントは幅広い事業を展開する大手メーカーをご紹介しました。エージェントが懇意にしている人事の方から伺ったところ、「こちらの会社の経理部門は、経営企画と密接な関係にあり、経理を数年務めたのちに経営企画への異動も十分ある」とのこと。また、多数ある海外子会社の管理などで英語のスキルアップができるという点、さらに福利厚生の充実やワークライフバランスの充実など大手ならではの好条件もあり、Nさんはこちらの会社への応募を決めました。

相談ベースで転職活動を開始し、満足のいく転職が実現

面接の際、「経営企画に行きたい」という意志をはっきり伝えたNさん。監査だけでなくアドバイザリー業務の経験があることに加え、英語のスキル、仕事に対する意識の高さが評価されて入社が決定。また、Nさん持ち前の爽やかなキャラクターに加え、20代での転職という点もプラスに働きました。

「若い方の場合、ご自身のキャリアパスはご自身ではなかなかわからないものだと思います」とエージェント。Nさんが弊社で面談された際も、「財務デューデリジェンスなどのスキルは、転職の際に自分の付加価値となっているのか」という疑問をお持ちでした。
「特に監査法人や会計事務所から一般事業会社に転職される場合は比較ができないのでなおさらです。『今やっている業務は事業会社で通用するのですか』『あと1~2年監査をやってから事業会社に移る予定ですが、取得しておくべき資格はありますか』などさまざまな質問を受けます」

初めて弊社で面談されたときは転職の意志も定かではなかったNさんのように、キャリアパスや転職に悩んだら、まずはご相談から始めてみませんか。

関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二