大手監査法人から事業会社にキャリアチェンジ

T.Eさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
監査
年 収 /
650万円

転職後

勤務先 /
化学メーカー
職 種 /
会計
年 収 /
750万円

POINT 転職成功のポイント

内側から数字を扱える仕事に就きたいと考え転職を決意

キャリアビジョンを入念に描いた上で面接に臨んだ

面接時に管理会計に興味があることをしっかり伝えた

大学在学中に論文式試験に合格し監査法人で働き始める

Eさんは大学在学中に公認会計士試験の論文式試験に合格。そして大学に通いながら、非常勤職員として大手監査法人で働いていました。大学卒業後は、そのまま監査法人に就職。入社3年目には、早くも主査として監査業務のマネジメントを任されるほどになっていました。

そんなEさんが、転職先を求めて当社にご登録されたのは25歳の時のこと。年齢的には若手に属しますが、すでに実績は20代後半の公認会計士と比べても遜色がないほどでした。Eさん自身も、監査法人での監査業務はほぼ一通り経験したと感じており、「今度は事業会社で内側から数字に携わりたい」と考えて、転職活動を開始しました。

どのようなキャリアを積み上げていくべきか

Eさんのような特に優秀な人は、さまざまなキャリアを選ぶことができます。だからこそ、どのようなキャリアを積み上げていくべきか考えることが非常に大切です。Eさんもそのことを理解しており、転職先としては大手メーカーやゼネコン会社を希望していることに加え、具体的に転職したい会社名を挙げていました。そのうちの一つである大手化学メーカーが経理職を募集しており、Eさんに同社を紹介しました。

面接を前にしてEさんと取り組んだのは、同社に転職後した後のキャリアビジョンを固めること。会話を重ねる中で、将来は管理会計の仕事に携わる、海外事業にも挑戦するというビジョンにたどり着いたのです。Eさんには、面接時にそのビジョンをしっかり伝えることをアドバイスしました。

面接前の準備が本番で絶大な効果を発揮

面接前にキャリアビジョンを明確にしたことは、本番時に絶大な効果を発揮しました。2次面接の時にEさんが管理会計や海外事業に興味があることを話したところ、3次面接では役員に加えて、管理会計部門の部長が特例で出席。そして面接後には「管理会計部門の海外事業に携われるチームに配属したい」という具体的な話も。また年収も、20代半ばしてはかなり高い額が提示されました。同社としては異例の決断。それだけEさんの実績や能力を高く評価したのでしょう。

また、Eさんは、アガリ症で、面接などの重要な場面では緊張してしまうタイプ。そこで私は、面接前には必ずEさんと会話を交わし、できるだけ緊張がほぐれた状態で面接に送り出すことに努めました。精神的なサポートという面でも、少しはEさんに貢献できたかと思います。

担当エージェント

エージェント紹介

国立大学に入学するも2日目に退学を決意。IT系の起業に挑戦したのち、結婚を機に24歳のときに賃貸マンション・アパートの仲介を主業務とする不動産会社に営業職として入社。社内トップクラスの成績を収めた後にジャスネットに転職する。登録者の悩みや思いに耳を傾け、寄り添いながら転職のサポートをしていけるエージェントになることを目指しており、実際に多くの転職者から感謝の手紙が寄せられている。

【専門領域】
・不動産、建築・土木
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号