新規登録 求人検索

公認会計士 30代の転職成功事例

ワークライフバランスを重視しながら年収アップに成功

M.Oさん 30代 女性のイメージ

M.Oさん30代女性

転職前
  • 勤務先運輸業
  • 職 種経理(連結決算)
  • 年 収450万円
転職後
  • 勤務先製造業
  • 職 種経理(連結決算)
  • 年 収550万円

POINT転職成功のポイント

  • 業務の幅を広げて年収アップしたいと転職を決意
  • 育児のためワークライフバランスを重視
  • エージェントが会社側の真のニーズを引き出した

子育て中の公認会計士、年収アップを目指して転職活動をスタート

大学卒業後、公認会計士試験に合格したOさんは、小規模の監査法人で1年間キャリアを積んだのちに大手監査法人へ入所。
5年にわたって金融商品取引法監査及び会社法監査に従事し、連結財務諸表、キャッシュフロー計算書、税金計算、有価証券報告書のチェックなど、監査業務全般に携わりました。

その後、東証一部上場企業へ入社。経理部に所属し、単体・連結決算業務のほか、開示資料作成や内部統制監査などに従事していましたが、お子さんの誕生をきっかけに転職を決意。

決算業務などこれまで積み重ねたスキルを生かしながら、年収とワークライフバランスを確保できる環境を目指していらっしゃいました。

IPOを進めている関西のバイオベンチャーをご紹介

Oさんと面談し、「前に出るタイプではありませんが、芯はしっかりとしている印象。素直に物事に取り組む姿勢の感じられる方です」と言う担当エージェント。
Oさんの事情を理解した上でご紹介したのは、IPOを推し進める関西のバイオベンチャー。管理部長のもと、子会社2社の連結決算のほか、内部統制、有価証券報告書作成、監査対応といった上場準備業務を担当することになります。

会社側は求める人物像について、限られた人数で多くの業務をこなすために、上昇志向が高く、マルチタスクをこなす人材を希望されていました。

ところが採用活動を半年以上続けても決まらず、エージェントは管理部長から、「経理の実務に徹する人を採用したいが、なぜか経営企画を志望する人からの応募が多く採用に至らない」とご相談を受けました。

確かなスキルと素直さで業務に対応できると判断され、採用が決定

そこでエージェントは、「残業ができなくても、しっかりとした知識とスキルがあり、管理部長の指示する実務をこなしてくれる方が良いのでは?」と、採用したい人物像の見直しをご提案。管理部長からご納得いただき、エージェントはOさんをご紹介することになりました。

上場準備をしている会社側にとって公認会計士はぜひとも欲しい存在であり、しかもOさんは監査法人のみならず、上場企業での経理経験もお持ちです。
エージェントは、Oさんはリーダーシップを取るタイプではないが素直に仕事に取り組む姿勢を持ち、実務スキルは高いことをお伝えしたところ、採用までスムーズに進みました。

一方Oさんに対しては、ご自身が感じる疑問や不安を面接で払拭するようアドバイスしました。Oさんは残業時間など気になる条件をしっかり確認し、安心して入社を決めました。また、上場準備中であることにもやりがいを感じたそうです。

会社側に求める人物像の再検討を進言できたことで、転職を成功に導いたエージェント。
「相対的に転職市場を見ている立場として、採用の希望を挙げればきりがないだろうけれども、業務そのものに視点を当ててほしいとお願いすることで、真に必要な人材を見極めていただくことができました」

公認会計士の転職事例 最新記事

年収診断 年収診断