国際的な会計知識や英語力を生かせるポストに転職

T.Sさん  40代以上  女性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
アドバイザリー
年 収 /
900万円

転職後

勤務先 /
外資系保険会社
職 種 /
経理・財務
年 収 /
1050万円

POINT 転職成功のポイント

女性でも働きやすい職場環境を求めて事業会社へ転職

IFRSの知識や英語力を必須としているポストを紹介

能力を高く評価され、希望年収額以上の年収を提示される

海外進出支援業務やIFRSの改善提案業務の経験がある

Sさんは米国公認会計士の有資格者で、大手監査法人のアドバイザリー部門に勤めていました。しかし監査法人の業務はハードワークであり、段々と体力的にも厳しくなってくるという現実に直面。そこで、女性でも長期的にワークライフバランスを実現できる環境を求めて、事業会社への転職活動を開始しました。

Sさんは監査法人では、クライアントの海外進出支援や、クライアントがIFRS(国際財務報告基準)やUS-GAAP(米国会計基準)に基づいて作成した書類のチェックや業務改善の提案に携わっていました。転職をする上での希望は、こうした国際的な会計基準に関する深い知識や、豊富な海外ビジネス経験を生かせる環境で働きたいということ。

もう一つ外せなかった条件が年収です。監査法人時代の年収は約900万円。転職後は少々年収が下がるのはやむを得ないが、700~800万円台は維持したいとのことでした。

フレックス制や在宅ワークの制度が整っている事業会社

そんなSさんに紹介したのは、外資系の保険会社です。同社は現在、IFRSの導入準備を進めており、IFRSに関する知識や経験を有する、マネージャークラスの人材を求めていました。またマネージャークラスの場合、英語力も必須。本国とのテレビ会議は英語で行われ、日本支社の役員や部長クラスに外国人が数多く在籍していたからです。こうした先方の条件を満たせる人材はまれですが、Sさんはこれらを満たしていました。

Sさんも同社の職務内容だけでなく、女性の育児休業後の職場復帰率が90%を超えていることや、フレックス制や在宅ワークの制度が整っているなど、女性が働き続けやすい環境であることに魅力を感じていました。

英語で行われた三次面接も順調にクリア

両社の希望が合致していたので、選考はスムーズに進むはずでした。ところが、会社側の内部事情により、書類選考に要すること1カ月。そこで私は先方の担当者に小まめに連絡を取り、状況を随時Sさんに伝えるという対処をしました。

書類選考を通過して面接が始まってからは、スピーディーに選考が進んでいきました。一次面接、二次面接ともに、面接当日ないしは翌日の午前中には、会社側から「次に進めたい」との返事。Sさんも期待していた通りの職場環境であることを面接の中で確認することができ、志望度が上がっていました。

そして迎えた三次は、スイス人CFOとの英語での面接。Sさんはこれもクリアし、無事内定となりました。先方が提示してきた年収額は、何と1050万円。Sさんのことを高く評価し、それを年収面で表してくれました。

こうしてワークライフバランスを整えた上に年収アップも叶えることができ、求職者にとっては満足感の高い転職にすることができました。

担当エージェント

エージェント紹介

約5年間、営業職として住宅メーカーに勤務した後、「転職というその方にとって人生の分岐点になるかもしれない場面で、何かお手伝いができる仕事がしたい」と考え、エージェントに転職。ご登録者に正しい選択をしていただくために、ご紹介した会社に関する良い面も悪い面も正直に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業


公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号