公認会計士のスキルを磨くため中堅監査法人に転職

W.Uさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
コンサルティング
年 収 /
900万円

転職後

勤務先 /
監査法人
職 種 /
監査、アドバイザリー
年 収 /
670万円

POINT この転職のポイント

監査とアドバイザリー業務の両方に携われる監査法人を希望

希望に合致した中堅監査法人の採用セミナーを紹介

年収ダウンの提示に悩むが転職を決意

公認会計士としてのキャリアを考えて転職活動を開始

Uさんは公認会計士の資格を持ち、大手監査法人での勤務経験もある人です。その後、コンサルティング会社に転職し、企業がM&Aを行う際に資産価値について評価するデューデリジェンスの業務に携わっていました。その業務自体は非常に専門性が高いのですが、Uさんは公認会計士としての今後のキャリアを考え、今の仕事を続けていくことに疑問を抱くようになっていました。公認会計士ならでは知見やスキルを磨くため、監査業務やIPO支援などのアドバイザリー業務を主業務にできる仕事に就くべきではないかと考えたのです。

そうなると転職先は、監査法人に絞られます。Uさんは監査業務とアドバイザリー業務を6対4ぐらいの比率でできる会社を希望していました。しかし大手監査法人の場合、独立性の観点から監査部門とアドバイザリー部門が完全に分かれているため、Uさんの希望をかなえるのは不可能でした。

Uさんの希望に合う監査法人の採用セミナーを紹介

そんな時、ある中堅の監査法人が当社と共同で採用セミナーを開催することになりました。その法人は監査もアドバイザリーも必要とされる能力は不可分と考えており、一人のスタッフが両方の業務を担当する体制が組まれていました。また監査業務も、業種による担当区分がなく、金融にも非金融にも、学校法人の監査にも携わることができます。

過去にも同法人とは共同でセミナーを開催したことがあります。今回は、同法人の新しいオフィスでの開催となり、社内を見学するツアーや、業務内容についてパートナーから詳しく話を聞ける時間も設けられていました。Uさんはパートナーと話し込み、同社にすっかり魅了された様子でした。

内定は得られたが条件面に悩む

すでに採用セミナーの時点で、双方ともお互いの情報を得ていたことで、面接は一次面接だけとなり、Uさんは内定を得ました。

ところが問題は、その後に起きました。Uさんは前職の会社で、約900万円の年収をもらっていましたが、同法人の提示額は200万円以上ダウンの670万円だったのです。中途採用の場合、同法人の方針として基本的にマネージャーの一歩手前のスーパーバイザーという職階からスタートすることが決まっています。その後のパフォーマンス次第では、短期間でマネージャーに昇格し、昇給も可能です。Uさんは、条件を飲むか悩まれていました。

約3週間後、Uさんから「入社します」という返事がありました。収入よりも仕事内容を優先した結果とのこと。Uさんであれば、きっとすぐに昇格・昇給を実現できると思います。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、大手予備校で300人以上の生徒指導、校舎運営、スタッフのマネジメント、採用、研修等幅広い業務に携わる。大学受験から転職というより広い視野で人生、キャリアを決定する場面で、一人ひとりの方に最良のキャリアを提案したいと考え、弊社に入社。

【専門領域】
・教育、学校、IT
・株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号