将来地元に戻って働くことに備えて転職を決断

A.Fさん  30代  女性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
監査
年 収 /
450万円

転職後

勤務先 /
監査法人
職 種 /
監査
年 収 /
470万円

POINT 転職成功のポイント

関西の事務所が充実している大手監査法人へ転職

弱点である経験の浅さを意欲でカバー

内定後に迷いが生じるが熟慮の末に転職を決断

監査法人での勤務経験が短い中、転職を決意

4大監査法人の一つに1年ほど勤めていたFさん。現在は東京で働いていますが、将来、出身地の関西に戻って働くことを考えていました。そこで4大監査法人の中でも、関西の事務所が充実している法人への転職を希望し、幣社にご登録されました。

Fさんは30代半ばですが、公認会計士の資格を取得したのは比較的最近のこと。そのため年齢に対する経験の浅さがネックとなり、転職活動がうまくいかない可能性も考えられました。そこで、Fさんの明るくて前向きな性格、コミュニケーション能力の高さをアピールし、経験の浅さは意欲でカバーすることにしました。

経験より能力をアピールし面接の機会を得る

書類選考を通過させるには、エージェントが推薦状で何を書くかが大事になります。推薦状には、「Fさんはコミュニケーション力が高く、クライアントの懐の中に入っていけるタイプなので、監査だけでなくアドバイザリー業務についても十分に対応できる人物です」と書きました。書類選考は無事通過し、面接を受けられることになりました。

Fさんは、自分の経験が不足していることを十分に認識していました。だからこそ少しでも早く成長したいという思いを持っていたため、面接ではその点を強調して話すようにアドバイスしました。

Fさんは、先方に質問したい項目を全部ノートに書き出した上で、面接に臨みました。そうした意欲が認められたのか、内定を得ることができました。

内定後の登録者の不安を一つずつ解消

内定が出た後、Fさんの心に迷いが生じました。今の監査法人を1年で辞めてしまうことが、自分のキャリアにとってプラスになるのだろうかと不安になったのです。確かにいずれ関西に戻ることを考えているとしても、今このタイミングで転職する必然性はありません。

そこで私は、今勤めている会社に抱える悩みや不満、転職を考えた本質は何か今一度考えるようにアドバイスしました。また、現在の会社と内定を得た会社の社風の違いなどを丁寧に説明した上で、Fさん自身が納得のいく判断をしてもらうことにしました。

Fさんからは、内定を得た会社に対する疑問点がいくつも出てきましたので、そのたびに先方の担当者に問い合わせて、疑問点を一つずつ解消していきました。

最終的にFさんは転職することを決断しました。Fさんが新しい職場で、充実したキャリアを形成していくことを期待しています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、広告代理店勤務を経て塾講師に。その後、「このまま塾で社会に出ていく若者を育てるのもいいが、社会人がキャリア形成に悩んだときに、よりよい選択のお手伝いができないだろうか」また「自分がまだ知らない多くの企業と接点を持つことはできないだろうか」と考え、転職エージェントにキャリアチェンジ。登録者には納得度の高い転職をしていただくために、情報を包み隠さず正確に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・IT、メーカー(電気、電子、半導体)
・ベンチャー企業、上場企業、株式公開準備


公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号