長年の夢だった大手監査法人への就職に再挑戦

T.Yさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
会計事務所
職 種 /
税務
年 収 /
420万円

転職後

勤務先 /
監査法人
職 種 /
監査
年 収 /
500万円

POINT この転職のポイント

過去に監査法人への就職を目指すも就職難のため断念

中途募集が行われていることを知り再挑戦を決意

前職の事務所の代表を粘り強く説得し円満退社を実現

公認会計士になるも監査法人への就職を断念

Yさんは約10年前、SEとして働きながら公認会計士の資格を取得しました。資格取得後、大手監査法人への就職を希望していましたが、当時監査法人は大変な就職難だったため実現することができず、地元の会計事務所で働くことになりました。

Yさんは、同事務所の代表に対して「就職先が決まらずに困っていた自分を拾ってもらえた」という恩義を感じていました。しかし一方で、大手監査法人で働きたいという夢を持ち続けていました。

そんな折、Yさんは、大手監査法人がかつて不採用になった公認会計士の有資格者を対象に、中途募集を活発化させていることを知ります。そこでもう一度チャレンジすることを決意し、幣社にご登録されました。

本命の監査法人から内定を得る

Yさんは監査の経験こそありませんでしたが、約10年間会計事務所で働き続けており、税務のスキルは申し分ありませんでした。また、中小企業向けのコンサルティングの経験も豊富でした。

Yさんには4大監査法人の中でも、最初から狙っている会社がありました。「温和な自分の性格を考えると、社風的にここが一番合うだろうな」という会社があったのです。ただ、せっかくの機会なので4社とも受けてみることにしました。

その結果、本命以外の会社は、社風に合わないと判断され不採用になり、内定を得たのは、本命のみでした。その本命の会社の担当者は、Yさんのことを気に入り、「今勤めている事務所をちゃんと円満退社した上で、入社してください」とYさんに伝えていました。

原点に立ち戻って考えるようにアドバイス

しかし、Yさんにとって難しかったのは、「円満退社」でした。事務所の代表がYさんの退職に難色を示したのです。Yさんも代表に恩義を感じていたこともあり、一時は転職を諦めて、事務所に留まることに気持ちが傾いたそうです。

Yさんから相談の電話やメールが届くたびに、「なぜ転職しようと思ったのか、原点に立ち戻って考えるようにしてください」とアドバイスしました。Yさんは、将来的に独立開業を目指していました。世の中に独立開業をする人がたくさんいる中で、監査法人でキャリアを積むことは、差別化を図る上で間違いなくプラスになります。Yさんはその後も粘り強く代表と話し合いを続け、ついに説得することに成功しました。

「大手監査法人で働く」という夢をやっとつかんだわけですから、Yさんの活躍を期待しています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、広告代理店勤務を経て塾講師に。その後、「このまま塾で社会に出ていく若者を育てるのもいいが、社会人がキャリア形成に悩んだときに、よりよい選択のお手伝いができないだろうか」また「自分がまだ知らない多くの企業と接点を持つことはできないだろうか」と考え、転職エージェントにキャリアチェンジ。登録者には納得度の高い転職をしていただくために、情報を包み隠さず正確に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・IT、メーカー(電気、電子、半導体)
・ベンチャー企業、上場企業、株式公開準備


関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二