帰国後の転職先をスキルと能力に合わせ紹介

A.Nさん  30代  女性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
監査
年 収 /
800万円

転職後

勤務先 /
リース会社
職 種 /
経理
年 収 /
850万円

POINT この転職のポイント

長年米国で働き帰国前に日本での転職先を求め登録

比較的規模が小さく個人が裁量権を発揮できる会社を紹介

オファー面談により疑問点を聞き出すことができた

事務所を希望していたが登録者に合う事業会社を紹介

Nさんは高校卒業後に渡米。大学や大学院で会計学や税法を学んだ後、米国の会計士事務所や税理士事務所、監査法人で働いていました。帰国することになり、日本での転職先を求めて当社にご登録されました。

Nさんは、事業会社よりも監査法人や税理士事務所、コンサルティング会社を希望していました。理由は、事業会社の場合、大手ほど、個人の裁量が限定されてしまうと考えていたからです。

そこで私はNさんの希望に添って事務所を中心に紹介しつつ、Nさんのスキルや英語力を生かせる事業会社も積極的に紹介しました。その一つが、今回転職先に決められた航空機のリース業を手掛けている総合商社子会社です。

高い専門知識と英語力を必ず評価してもらえると確信

航空機のリース業の取引先は、ほとんどが海外の航空関係の会社です。そのため業務には、会計の専門知識に加えて高い英語力が必須になります。Nさんにぴったりの案件といえました。

しかし、当初同社は、30歳前後の若手をスタッフクラスで採用することを希望していました。これに対してNさんの年齢は39歳。求める年齢との間に大きな開きがあります。しかし、私は「Nさんのスキルや経験、英語力を知れば、絶対に採りたくなる」と確信があり、採用担当者にNさんを強くプッシュしました。その結果、少し時間はかかりましたが、面接が実現することになりました。

面接によって、同社はNさんに対する評価を一変。「ぜひ来てほしい」という姿勢に変わりました。Nさんのために、スタッフクラスでの採用からマネージャークラスでの採用に切り換えたほどです。

納得のいく選択をしてもらうためにオファー面談を設定

一方、Nさんも面接の時に会社に対して好印象を抱いた様子でした。同社は組織の規模はそれほど大きくありません。個人に比較的多くの裁量権が委ねられます。しかも航空機のリース業というグローバルな仕事に携われることに、Nさんは魅力を感じました。

ただしNさんは他の会社の内定を得ており、どちらを選ぶべきか悩んでいました。そこで私はNさんに納得のいく選択をしてもらうために、同社にオファー面談をお願いしました。その場でNさんは、業務内容や入社後のキャリア形成や残業時間、育休の取得実態など、さまざまな疑問を解消し、納得して同社を選ばれました。

今回の案件では、事務所への転職を希望するNさんに対して事業会社を紹介し、30歳前後の人材を求めていた会社側に対しては10歳近く年上の人を紹介しました。双方の当初のギャップを埋めることに一役買うことができ、双方が満足するベストマッチになったのではないかと思います。

担当エージェント

エージェント紹介

大手金融機関一社で営業・営業統括・審査部門を経験し、その後弊社に入社。スピーディーでこまやかなフォローはご登録者・企業ともに信頼が厚い。取締役クラスから直接依頼を受ける求人も多く、意思決定者に直接推薦出来るネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二