大手監査法人から東証一部の大手食品会社に転職

M.Tさん  30代  女性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
監査
年 収 /
700万円

転職後

勤務先 /
食品会社
職 種 /
経理
年 収 /
580万円

POINT この転職のポイント

大手監査法人から事業会社への転職を目指して当社に登録

有資格者を求めていて福利厚生も充実している会社に応募

疑問・不安を払拭するために内定後にオファー面談を設定

実務を一から経験できるスタッフクラスでの採用を希望

公認会計士として大手監査法人に勤務していたTさん。監査という立場ではなく、事業会社で社員として自社の数字を扱う経験をしたいという気持ちが強くなり、転職活動を開始。Tさんは、監査法人ではマネージャーを勤めた経験もありましたが、事業会社での実務を一から積むため、スタッフクラスでの採用を希望していました。また、結婚して子どもが生まれた後も、長く働き続けたいと考えており、福利厚生が充実していることも転職先の条件でした。

Tさんはスキル面のみならず、人物面も非常に優れた人です。謙虚な姿勢で相手の話を聞くことができ、会話のやりとりもスムーズでした。礼儀正しく、社会人マナーも身に付いています。そのため紹介できる会社はたくさんありました。そのうちの一つが、今回Tさんが転職先として選んだ東証一部上場の大手食品会社です。

有資格者であれば事業会社での実務経験は問わない

同社は、過去の事業会社での実務経験は問わず、会計関係の有資格者を優遇するとのことでした。有資格者であれば会計知識がベースにあり、その分会社の経理業務に慣れるのも早いという判断によるものです。同社が求める条件と、Tさんの経歴が一致しており、福利厚生面も充実していたため、同社を紹介しました。

前述したように、Tさんは人物面に関しては全く問題がなかったため、私からの面接指導や対策は特に行いませんでした。「もし会社のホームページなどを読み、疑問や知りたいことがあればいつでもご連絡ください。先方に問い合わせます」とお伝えしたぐらいです。

オファー面談での会社側の言葉が決め手となる

私の予想通り、書類選考は難なく通過し、面接の結果も上々でした。何しろ一次面接が終わった直後に、担当者から「ぜひ来てほしい」という連絡があったほどです。あとはTさんの決断次第です。

Tさんは同社に魅力を感じつつ、一つだけ懸念していました。今回の募集は、この食品会社の東京本社が行ったものですが、本部は関西にあります。そのためTさんは入社後に、関西に転勤になる可能性を不安視していたのです。「住み慣れた東京で暮らしたい」というのがTさんの希望でした。

その不安を払拭してもらうため、私は同社にオファー面談をお願いしました。その場で「転勤の可能性はゼロではないが、東京本社としてTさんのような優秀な人を手放すことは考えにくい」ということを説明してもらいました。その言葉が決め手となり、Tさんは同社への転職を決意されました。

Tさんがこの新しい職場で、持っている能力をいかんなく発揮されることを期待しています。

担当エージェント

エージェント紹介

大手金融機関一社で営業・営業統括・審査部門を経験し、その後弊社に入社。スピーディーでこまやかなフォローはご登録者・企業ともに信頼が厚い。取締役クラスから直接依頼を受ける求人も多く、意思決定者に直接推薦出来るネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二