試験合格から7年目、念願の法定監査を目指して監査法人へ

S.Kさん  30代  女性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
製造業
職 種 /
経理
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
450万円

POINT この転職のポイント

事業会社で経理部係長を務める公認会計士試験合格者

30代監査未経験で応募できる求人が少なく、転職活動は難航

エージェントとクライアントとのネットワークが生かされた

法定監査を経験したいという思いが募り、転職を決意

会計大学院卒業後、公認会計士試験に合格したKさん。
監査法人に契約社員として入所しましたが、監査の経験はJASDAQ上場会社1社で、主に単体と連結表示のチェックを担当するにとどまりました。
監査法人と掛け持ちするかたちで、知人から紹介された事業会社で勤務していたKさんですが、監査法人の契約期間が満了して事業会社での仕事に専念することに。中小企業の経理部係長として、決算業務や管理会計、海外子会社の管理を担当しています。

監査法人でほとんど監査に携わることができなかったKさんは、本格的に監査に取り組みたいという希望を持ち続けていました。現在の会社での業務は一通りやりきったという達成感もあり、監査法人を目指して転職することを決意したそうです。

事業会社も検討し始めていたところへ、中堅監査法人の求人が

Kさんは、法定監査に携われるなら年収が下がってもかまわないという強い意志で転職に臨んでいましたが、大手監査法人に応募するも残念ながら不採用。その理由は、30代で修了考査未合格であること、在職している企業が中小企業であるため、監査法人のクライアント先とは規模が異なるというものでした。

その後は、30代で監査未経験の方が応募できる中堅の監査法人がなく、次の一手を決めかねていたKさん。公認会計士の知識を生かせる事業会社に進むか、任意監査を担当するつもりで小規模の監査法人に自己応募するか…。法定監査への思いを断ち切れずにいながらも、いくつかの事業会社を受け始めていました。

そんな折、とある中堅監査法人のパートナーより、「緊急で公認会計士を1人採用したい」とエージェントにご相談がありました。この中堅監査法人では、公募で採用を行っていましたが、応募者が思うように集まっていなかったのです。

さっそくエージェントがKさんにその監査法人をご紹介すると、Kさんはもちろん応募を即決。「これまでの社会人経験の中で今後に生かせそうな点をまとめて、面接で答えてください」というエージェントからのアドバイスを実践し、見事合格しました。

念願の監査法人への入所が決まり、意気盛んに再スタート

中堅監査法人は大手と比較すると、一人が担当する業務の範囲が広い傾向にあります。「一人でやることは多いし、覚えることはたくさんありますが、頑張った人は極めて早く成長できます」と、エージェントからのエールを送られたKさんは、念願の監査法人へ意気盛んに入所されました。

「弊社ではエージェントが監査法人と個別にお付き合いし、急ぎの求人もいち早くご連絡をいただけるネットワークを築いています。また、採用担当の方々に本音で話していただいていますので、どういった人材を好むのかも理解しています。Kさんの場合、弊社に来ていただいたことが、ご自身の望む監査法人に入所する近道になったと掛け値なしに思います」

担当エージェント

エージェント紹介

プラントメーカーの営業経験、その後、創業したばかりのIT企業に転職をし、IPO、M&A、MBOを経験。 黎明期~再生期までの企業での勤務経験や、大手企業~ベンチャー企業までほぼ、全てのステージの企業における勤務経験がある。その後、人材業界へ。転職支援者は、3000名を超え、クライアントは、中小企業~外資系世界NO1企業まで多岐に渡る。

【専門領域】
・コンサルティングファーム(監査法人含む)、税理士法人・会計事務所


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号