ワークライフバランスの実現を求めて転職

M.Yさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
商社
職 種 /
経理
年 収 /
750万円

転職後

勤務先 /
食品メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
600万円

POINT この転職のポイント

残業が少なく、長く働ける会社への転職を希望

会社側との交渉により、年収の引き上げに成功

失敗しない転職をするために、慎重になる登録者をサポート

ワークライフバランスの実現が最大の希望

Yさんは公認会計士の有資格者です。監査法人に勤めたのち、事業会社に転職。経理職として働いていました。しかし、その会社は残業が多かったため、長く働き続けるのは難しいと判断、転職活動を開始されました。

Yさんの転職先に対する希望は、「ワークライフバランスが実現できる会社」というもの。そのためなら年収が多少ダウンしても構わないと考えていました。また、可能なら上場企業を希望していました。

公認会計士の有資格者で、なおかつ事業会社での経験を持っている人材は、転職市場価値も高く、紹介できる会社も多くあります。

会社の求める人材として年収交渉し成立させる

その中からわたしが紹介したのが、東証一部上場の食品会社でした。同社の給与は高くありませんが、残業時間が非常に少なく、繁忙期でも月30時間未満です。また社員の定着率が高い会社でもあり、まさにYさんの希望に合致した会社です。

しかし、Yさんに同社を紹介するに当たり、年収に問題がありました。先方が提示していた額とYさんが現職の会社での額に大幅な差があったのです。Yさんの現在の年収が700万円なのに対して、先方の提示額は450万円。いくらYさんが「多少の年収ダウンは構わない」と考えていたとしてもギャップが大き過ぎます。

そこでわたしは先方の担当者に「公認会計士の有資格者で、事業会社への転職を希望されている方がいます。年収は最低600万円を希望しています。優秀な方なので、ぜひご紹介したいのですがどうですか」と交渉しました。その結果、年収を600万円まで引き上げることに成功しました。

最後の決断に悩む登録者のために応諾期限延期を打診

Yさんは同社に応募書類を出し、書類審査、面接と、その後の選考はスムーズに進みました。同社の穏やかな社風に好印象を抱き、会社側もYさんのスキルや人柄を高く評価しました。無事内定も出て、このまま順調に入社に至るかと思われました。
しかし、Yさんは「今度の転職は失敗したくない」という気持ちが強かったため、慎重になっており、「決断するまでに少し時間が欲しい」と連絡がありました。

一番大切なのは、本人に後悔のない転職をしてもらうことです。そこで会社に事情を説明し、応諾期限を延期していただきました。またオファー面談を設定し、入社後の処遇や会社の経営状態について、もう一度、会社側からAさんに説明してもらいました。その結果Yさんの気持ちも固まり、入社を決断されました。
Yさんは今、同社で生き生きと働かれていると聞いています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、医療系専門商社で営業職として3年間勤めた後、エージェントに転職。業種を問わず、主に中小企業を担当。採用のミスマッチが起きないように、企業側に対しては登録者の人柄を、登録者に対しては会社の雰囲気を細かに伝えることを心掛けている。また採用決定後のアフターフォーローも大切にしている。

【専門領域】
・メーカー(医薬品、医療機器)、IT
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二