監査法人・金融部での経験を活かし、証券会社の経理職へ

M.Nさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
税務・会計コンサルタント
年 収 /
650万円

転職後

勤務先 /
金融業
職 種 /
経理
年 収 /
800万円

POINT この転職のポイント

大手監査法人、コンサルティング会社を経て事業会社を希望

安定的な成長が望める大手証券会社に応募

スキル、人物面とも評価され、年収は150万円アップ

一つの会社の中に入って成長をサポートしたいと考え、転職を決意

Nさんは大学卒業後に公認会計士試験に合格し、大手監査法人に入所。金融部に所属して、6年にわたり証券会社の監査や、メガバンクの財務報告アドバイザリー業務などに従事されました。シニアスタッフに昇格し、インチャージの経験もお持ちです。

1年前に現職のコンサルティング会社に転職してからは、デューデリジェンス業務を中心に、その結果に基づいた経営計画作成や株価算定なども担当しています。

これまでに携わってきた監査とコンサルティングの仕事を通し、「業務が終わればまた別の会社へと移っていく中で、一つの会社の中に入り、その会社の成長のために仕事をしたいと感じるようになりました」とおっしゃるNさんは、2度目の転職をすることを決意しました。

実はNさんは前回の転職時、すでに弊社にご登録いただいていました。その際に弊社でご紹介した会社はご辞退されることになりましたが、弊社の対応に満足いただいていたことから、今回の転職活動で再度ご連絡をくださいました。

会社側が求める「証券会社の会計監査経験」にピンポイントでマッチ

さっそく担当エージェントがNさんと面談をしたところ、経理職で事業会社へ転職すること以外に、実現させたい希望が2点ありました。

1点は、長期的に働ける安定した職場環境であること。
もう1点は、前回の転職で年収が100万円ほど下がっていたため、監査法人時代の水準にまで戻すことです。

エージェントがNさんにご紹介したのは、大手証券会社の財務会計マネージャー候補の求人です。
Nさんは証券会社を担当していた経験から業界になじみがあること、また安定的な成長が期待できる会社であるということで興味を持ちました。
将来的には管理会計や税務関連業務、IFRS対応といった業務に携われることも、スキルアップを望むNさんにとって歓迎すべき内容でした。

実はこちらの会社の経理部署の方も、かつて弊社で転職活動をされていました。今回の募集を始めてから3カ月以上、有力な応募者が現れなかったことから、弊社にご依頼くださったとのこと。
応募条件である「証券会社での経理経験もしくは証券会社の会計監査経験」をクリアできる方がほとんどいらっしゃらなかったそうです。

会社側の挙げる条件に、まさにピンポイントでマッチしたNさんは、書類選考を通過して面接へと進みました。

採用が決定し、年収は150万円の大幅アップ、残業時間は半分に

一次面接のあと、エージェントは人事の方から「スキル、人物面とも評価しています。すぐに次の選考を実施させてほしい」と連絡を受けました。
二次面接も無事通過してNさんの採用が決定。結果的に年収は希望を上回る150万円アップとなり、残業時間は半分に短縮されました。

Nさんは入社の前に弊社を訪ねてくださいました。「とてもうれしそうで、何度もお礼をおっしゃってくださり、私も非常に嬉しいです」とエージェント。
今回の転職では、Nさんも、会社側も、以前から弊社とお付き合いいただき、その際の対応を評価してくださっての再度のご依頼でした。
弊社は一時の転職活動だけのお付き合いでなく、一生涯のパートナーとして、継続的なサポートをさせていただきたいと考えています。

関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二