将来的なキャリアアップが望める上場企業の経理に転職

S.Mさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
会計事務所
職 種 /
決算、税務申告、監査補助
年 収 /
300万円

転職後

勤務先 /
不動産業
職 種 /
経理
年 収 /
330万円

POINT この転職のポイント

事業会社の中でサポートすることを望み会計事務所から転職

キャリアパスの広がりを感じ、入社への意欲が高まる

人とのつながりを大切に考える人物面が評価された

公認会計士試験に合格し、会計事務所で1年間充実した経験を積む

専門学校で会計を学び、公認会計士試験に合格したMさんは、会計事務所に入所し、決算業務や税務申告書作成のほか公益法人の期中監査にも従事してきました。
比較的小規模な事務所で入所当初より数社の担当を任され、クライアントとの距離も近かったことから、人とのつながりを重視して案件に取り組んできたそうです。1年の間にはクライアントから仕事以外の話もされるようになり、短期間の中でも充実した経験だったとおっしゃいます。

クライアントから信頼を得て実務的なアドバイスをするようになったMさんは、第三者として外部からサポートするにとどまらず、企業の中でともに歩みたいと考え、事業会社への転職活動を開始しました。

関西で展開する大阪本社の上場企業の経理スタッフに応募

担当エージェントがMさんにご紹介したのは、大阪市に本社を構え、関西を中心に展開する不動産業の上場企業。
経理部の未来を担う若い力が求められ、まずは日常経理を担当しながら、年次決算業務、連結決算業務、決算開示資料作成、監査法人対応といったスキルアップも可能です。

エージェントが会社側から依頼された人物像として、会計知識と並んで重視していたのが「入社後、会社に馴染んでくれるか」でした。会計事務所や税理士事務所から人を迎える事業会社として、最も気にされるポイントの一つです。
多くのクライアントと良好な関係を築いてきたMさんが、会計知識に加え素直さと順応性を持ち合わせていることはいうまでもなく、エージェントは自信を持ってMさんをご紹介しました。

上場企業の経理として一人前になり、将来は管理部門を担う立場を目指す

面接に臨んだMさんは、将来的には管理部門全体を任せられたり、経営企画に携わる可能性もあると聞き、キャリアアップのできる環境であると感じて入社を決意。
また、こちらの会社は不動産にかかわる多様な事業を展開しており、景気に左右されにくい安定した経営をしているということも安心材料になりました。
会社側も、Mさんが確かな会計知識とコミュニケーション力をもって会社に順応してくれると判断し、採用となりました。

「腰を据えて、まずは上場企業の経理として早く一人前になりたい」と張り切るMさん。クライアントとの信頼関係を大切に仕事をしてきたことで、会計事務所から事業会社への転職をスムーズに決めることができました。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号