家族の意見を重視。ワークライフバランスを実現できる会社に転職

H.Iさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
会計監査、アドバイザリー
年 収 /
780万円

転職後

勤務先 /
製薬会社
職 種 /
経理
年 収 /
650万円

POINT この転職のポイント

年収よりもワークライフバランスを重視

監査法人での実績と論理的思考、交渉力を生かせる転職先を紹介

1次面接での行き違いをエージェントがすかさずフォロー

残業時間を減らし、家族と過ごせる時間を確保したい

複数の大手企業をクライアントに持つ、関西の中堅の監査法人に勤務されていたIさん。大手企業グループ子会社の監査チームを運営する主査として活躍するなど、同社で経験を積んでこられました。

しかし、中堅の監査法人では、監査部門とアドバイザリー部門が分かれていないことが多く、Iさんも監査とアドバイザリーを兼務していたため、残業時間が毎月80時間~100時間に達していました。

Iさんは結婚されており、お子さんが2人いらっしゃいます。そのため、家事に参加する時間を含めて家族と過ごす時間の確保を目標に、仕事に優先順位を付けて効率化に努めていたものの、その確保が難しい状態でした。そこで監査法人を離れ、残業時間が少ない事業会社への転職を希望して、ジャスネットに登録されました。

「ワークライフバランスの改善」以外の希望条件は、経営の安定している大手企業であること、そして年収は最低でも500万円を確保したいというものでした。

希望条件に一致した上で、強みである交渉力が活かせる職場を紹介

Iさんは、冷静沈着な性格で、物事を論理的に考えることができる方でした。大手のクライアントを相手に監査とアドバイザリー業務に携わってきたこともあり、交渉力にも長けています。

そうした業務経験や性格、転職への希望に合致した転職先として、10社ほどご紹介した中で、面接を受けたのは3社。
最終的に転職がきまった大手製薬会社では、監査法人の社内調査への対応力を強化するために、監査法人と対等に交渉できる人材を求めていました。
Iさんの経験と強みが発揮できる職場です。また、労働時間という点でも、Iさんが勤めていた監査法人と比べればさほど労働時間も長くなく、家族との時間を十分に作ることができます。
双方の求めるものが一致していたため、スムーズに内定が出ると予想していました。

Iさんには事前に「面接の時にはワークライフバランスの話は持ち出さないように」とアドバイスをしました。なぜならその話をすると、会社側から「会社の社風や仕事内容に魅力を感じているわけではなく、単に労働時間の短さに惹かれて入社を志望している」と捉えられかねないからです。そもそもIさんのいうワークライフバランスとは、残業をゼロにしてほしいといった極端なものではありません。
月々の残業が80時間や100時間ではなく、普通の会社並みの残業時間で働きたいというものなのですが、これは相手先企業には伝わりにくい部分です。
ところがIさんは、ワークライフバランスのことがどうしても気になっていたのか、面接の時に、ついそのことに関する質問を口にしてしまったのです。

Iさんの言葉の真意を先方の人事担当者に伝えフォロー

1次面接が終わった後、相手先の人事担当者に、Iさんがワークライフバランスのことを尋ねた真意を問われました。
私は人事担当者に、Iさんは、本当は仕事内容に強い魅力を感じており、志望度も非常に高いこと。
ワークバランスについては「もっと子育てに参加してほしい」という奥様の強い希望もあり、普通の会社並みの残業時間で働きたいということを説明しました。さらにそのことを、最終面接に出席する経理部長にも伝えておいてほしいとお願いしました。

最終面接でも、Iさんはまたワークライフバランスについての質問を口にしましたが、真意が伝わっていたことで、経理部長が「Iさんのご家庭は奥さんが強いんだそうだね。
実はうちの会社の役員も、みんなそうなんだよ」と機転を利かしてくださり、一気に場が和んだそうです。
こうして無事Iさんは内定を得ることができました。

今Iさんは会社の行事にも積極的に参加し、すっかり職場になじんでいます。仕事と家庭を両立させながら、充実した生活を送られていることと思います。
会社からも期待以上の人材だというコメントをもらっています。

担当エージェント

エージェント紹介

地方大学を卒業後、教育業界に携わり、一旦は独立。
その中で企業の資産は人であると考え、当社に入社。
求職者だけでは見つけられない道も含め、包括的に提案することをモットーにして、企業と登録者に新しい視点を提供している。

【専門領域】
・上場準備中企業、IT企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号