自分の専門性を活かしつつ、じっくりと業務に取り組める会社に転職

W.Kさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
産業用部品メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
650万円

転職後

勤務先 /
精密機器メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
630万円

POINT この転職のポイント

面接とWebテスト対策に時間をかけるようアドバイス

社風が性格に合う会社を選ぶことの大切さをレクチャー

希望する業務内容と会社側が求めていることをすり合わせる

申し分ない経歴なのに、転職活動に苦戦

ご経歴は上々なのになかなか転職がうまくいかない。Kさんはそんなケースでした。
Kさんは大学卒業後、産業用部品の大手メーカーに就職しました。そこで海外連結子会社管理や移転価格、税効果会計といった難度の高いさまざまな経理業務に携わりました。
また在職中に公認会計士の資格を取得。そこでさらなるキャリアアップを図るために、転職活動を開始されました。

Kさんほどの経歴があれば引く手あまたのはずなのに、なぜか転職活動がうまくいかず、当社にご登録されました。
Kさんとの面談を重ねていくと、まず準備不足が原因であることが見えてきました。これまでの活動では書類審査は通過するのですが、面接でことごとく失敗していました。また適性を測るWebテストでも不合格になったことがあるようでした。
Webテストは試験問題に特徴的な傾向があるため、事前の対策が欠かせません。
そこで、面接対策やWebテスト対策を、しっかりと行うようアドバイスをしました。

社風が性格に合う会社を選ぶことの大切さをレクチャー

もう一つ気になったのは、これまで受けてきた会社が本人の性格や志向性と合致していないことでした。
Kさんは、転職にあたって重視することを尋ねると、「もう少し落ち着いて仕事がしたい」とご返答される堅実で安定志向が強い方でしたが、キャリアアップを図りたいという意識から、実力主義で成長志向の強い会社を受けていたのです。
そこでKさんには、社風が性格に合う会社を選ぶことの大切さをご説明し、ある大手の精密機器メーカーをご紹介しました。
そこは専門職を非常に大切にする会社で、腰を据えて長期的な視点で研究開発などに取り組む社風がありました。「落ち着いて仕事がしたい」というKさんの希望にぴったりの会社です。お話ししたところ、強い興味を示してくださいました。

面接対策では、真面目で少々堅い雰囲気があるKさんに「面接の時には、できるだけ明るく元気に振る舞うようにしてください」とアドバイス。一方で先方のご担当者には、事前にKさんの性格をお伝えしておきました。

時間が掛かったものの自分の性格とスキルが活かせる会社に決定

転職後のミスマッチを防ぐには、転職者ご本人の希望する業務内容と会社側が求めていることのすり合わせが、非常に重要になります。Kさんにも、そのことをアドバイスして面接に臨んでもらいました。
紹介した大手精密機器メーカーは国際税務に強い人材を求めており、前職で海外関連の経理業務に携わってきたKさんの経歴を高く評価していただき、同社への転職が実現しました。

現在Kさんは、経理部門で国際税務や移転価格を主に担当しています。先ほども述べたように同社は、専門職の専門性をとても大切にする会社です。
Kさんも浅く広くいろいろな仕事をせわしくやるのではなく、国際税務を中心とした仕事に腰を据えて取り組めているようです。Kさんもそのことを喜んでいらっしゃいました。

Kさんの場合、当社にご登録いただく前も合わせると4~5年と時間はかかりましたが、ご自分の専門性を活かせる、そして性格と社風のマッチした会社に転職することができ、とてもよかったと思います。

担当エージェント

エージェント紹介

関西圏の不動産マーケットにかかわる仕事に10年以上携わり、その後保険関連の仕事に4年間従事してファイナンス知識を習得。"ご縁が一番の宝物"をモットーに、当時のお客様とは今でもお付き合いが続いている。転職される方のスキルを存分に発揮していただけるよう、一人ひとりの要望に添った案件を紹介している。

【専門領域】
・日系グローバル企業、上場企業、メーカー、管理部門長クラス


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号