あがり症の登録者のために面接対策に注力

S.Aさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
会計事務所
職 種 /
会計、税務
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
監査法人
職 種 /
会計監査、IPO支援
年 収 /
450万円

POINT この転職のポイント

一度はあきらめた監査法人への就職に再挑戦

キャリアに自信を持てるよう、経験を整理する

あがり症の登録者のために、丁寧な面接指導を実施

売り手市場になったこともあり、監査法人への再挑戦を決意

Aさんは専門学校在学中に公認会計士試験に合格。卒業後は監査法人への就職を希望していましたが、当時業界は就職難だったこともあり不採用に。会計事務所に就職し、4年間ほど税理士補助業務や税務コンサルティング、監査補助業務、顧問先での経理業務などに携わっていました。近年、公認会計士が売り手市場になったこともあり、再び監査法人で働くことを目指し、ジャスネットにご登録されました。

Aさんは会計事務所で中小企業のサポートに携わっていたこともあり、監査法人でも中小企業の支援に関わりたいという思いをお持ちでした。そこでAさんには、大手監査法人でIPOに対応している部署をご紹介することにしました。

あがり症が面接時のウィークポイントに

Aさんはあがり症で、面接を苦手としていました。普段は気さくで感じが良く、決して無口ではないのですが、アガってしまうと物事を順序立てて話すことができなくなってしまいます。公認会計士の世界は、ロジカルに考え、それを的確に伝えられる能力を持つ人が好まれる傾向にあり、これは大きなウィークポイントになります。
新卒の就職活動でも面接であがってしまい、それが不採用の原因の一つになったと考えているようでした。Aさんの最終学歴は専門学校ですが、監査法人を受ける他の学生たちは一流大学の出身者ばかり。すっかり萎縮してしまい、それも精神面で不利に働いたようです。

私は、まずAさんに自信を持ってもらうことにしました。新卒の時とは異なり、Aさんには会計事務所で中小企業のサポートに4年間も携わってきたキャリアがあります。また年齢もまだ20代です。そこで、その経験を整理しながら「この年齢でこれだけのキャリアがあれば、大手の監査法人でもきっと評価してくれるはず。だから自信を持って臨んでほしい」と伝えました。Aさんは私の言葉で、初めて自分のキャリアに自信を持っていいことに気づいたようです。

面接官にプラスの印象を与える答え方を一緒に考える

書類選考は無事通過したので、いよいよ面接です。上手に話す必要はなく、伝えるべきことをしっかりと伝えることなど、面接の基本的な心構えをアドバイスしました。また想定問答をしながら、面接官にプラスの印象を与える表現を一緒に考えていきました。
一方で監査法人側に対しては、推薦状にAさんがあがりやすい性格であることを記載しておきました。これを読めば、面接時に少し配慮していただけるのではないかと思ったからです。

このような準備をして臨んだ面接は大成功でした。Aさんいわく「伝えたいことはしっかりと伝えられたし、会話も盛り上がった」とのことでした。また先方の担当者も「非常に良い方ですね」というコメントを寄せてくれ、その日のうちに内定が出ました。自信を持って面接に臨めたことが、成功の一番の理由となりました。

関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二