国際的な業務に携わるため、大手監査法人に転職

T.Mさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
中堅監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
450万円

転職後

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
450万円

POINT この転職のポイント

転職の成功率を上げるため、本社ではなく横浜事業所を紹介

幅広い経験をアピールするために、応募書類を練り上げる

エージェントから採用担当者への「最後のひと押し」で内定を獲得

監査法人での勤務経験1年半、30代半ばでの転職活動

Mさんは、一般事業会社や税理士事務所に勤めた後、中堅の監査法人に転職、会計監査やデューデリジェンス、上場支援など、幅広い業務に携わっていました。Mさんは英語が堪能であり、またUSCPAの試験のうち3科目に合格しています。そうしたスキルを仕事で活かしたいという思いもあり、次第に会計監査の中でも国際的な業務に関わりたいという気持ちが強くなっていったようです。
しかし、勤めている中堅の監査法人では国際的な案件はごくわずか。そこで、国際業務が豊富な大手監査法人への転職を求めて当社にご登録されました。

Mさんは、能力的には問題ありませんが、監査法人での勤務経験は1年半に過ぎず、また年齢は30代半ばに達しています。今の監査法人の業界は売り手市場ですが、キャリアと年齢を踏まえると、大手監査法人への転職は難しいものになることが予想されました。

推薦状を本人に書いてもらい、エージェントがブラッシュアップ

私が紹介したのは大手監査法人の本社ではなく、横浜事業所です。横浜事業所は本社よりも規模が小さく、スタッフは幅広い業務を求められるため、中堅の監査法人でさまざまな業務に携わっているMさんの経験を強みにできると判断したからです。また、横浜事業所であれば、エリア内にグローバル企業が多いため、国際的な業務に携わるチャンスも期待できます。

一方、監査法人側はシニアクラスの経験者で、若手をマネジメントできる人材を求めていました。残念ながらMさんにマネージャーの経験はありません。そこで、マネジメント経験はないが即戦力であることを会社側にアピールする必要がありました。

そこでMさんには、これまでの経験や培ったスキルをもう一度洗い出していただき、その上で監査法人側に提出する推薦状を、まずMさん自身に書いていただきました。それを私がブラッシュアップし、先方に送付する形を採りました。こうした工夫が功を奏し、書類選考は無事通過することができました。

先方の問い合わせに答えるため、本人にもう一度ヒアリングを実施

次に必要になるのは面接対策です。Mさんの培ってきた経験が、先方が求めるレベルに達していることをどのように伝えるかがポイントになります。
そこでMさんには、「入社後にどのような仕事に携わりたいのか。どのような点で組織に貢献できるのかをしっかりと面接官に伝えてください」とアドバイスしました。国際的な業務に携わることがMさんの希望でしたが、先方は他の業務にも携わってもらいたいと考えています。自分自身の希望を述べながらも、多様な業務にも積極的に取り組むという姿勢を見せる必要があります。

面接後、先方はMさんを採用すべきかどうか迷っているようでした。やはり、Mさんの公認会計士としての経験の浅さがネックになっていました。先方からは私に、Mさんの前職の監査法人での業務経験を、もう少し具体的に教えてほしいという連絡が入ったのです。そこで再度Mさんにヒアリングし、先方に返答しました。これが決め手になり、内定が出ました。

Mさんの希望を叶えることができ、本当によかったと思っています。

関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二