大手監査法人からスタートアップのコンサルティング会社へ

Y.Oさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
700万円

転職後

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
コンサルタント(事業再生)
年 収 /
600万円

POINT この転職のポイント

潜在的な希望を掘り起こして転職先の視野を広げる

ワークライフバランスの取れたコンサルティング会社をご紹介

登録者の不安払拭のため、エージェントから企業にお願いをし説明会を3回実施

潜在的な志望であるコンサルティング

生命保険会社を経て、大手監査法人で働いていたOさん。監査法人では、ポジションが上がると、部下のマネジメントが仕事の中心になります。Oさんは、それよりは会計や経理のスペシャリストとして実務に携わっていきたいという思いを持ち、監査法人に転職した当時から再度転職することを漠然と考えていたようです。

30歳手前、もうすぐインチャージになるというタイミングで、Oさんは当社にご登録されました。当初、Oさんは一般事業会社で残業が少ない会社を希望されていました。業界は、生命保険会社での勤務経験や、監査法人で金融事業部に所属されていた経験が活かせる金融を視野に入れていましたが、こだわりはないとのことでした。

そこで私は、金融も含めたさまざまな業界の事業会社を中心に20社ほど紹介しました。その中で、Oさんが心を動かされたのは、コンサルティング会社でした。どうやらOさんは、コンサルティング会社に興味はあるものの、「激務」というイメージがあり、家庭も大切にしたいという考えから避けていたようです。

コンサルティング会社の代表の人柄や志を伝える

そこで私がOさんにお薦めしたのが、中小企業の事業再生を専門とするスタートアップのコンサルティング会社です。この会社の代表には小さなお子さんがおり、「メリハリをつけて働くことが大事」という考え方の持ち主でした。同社ならOさんも、仕事と家庭との両立を図りながら、コンサルティング業務に携わることができます。

また同社の代表は、「日本の経済を支えているのは中小企業。事業再生を通じて、その中小企業をサポートしていきたい」という高い志をお持ちの方でもありました。Oさんも社会の役に立ちたいという思いがあり、「コンサルティングの仕事は、誰と一緒に組んでやるかがとても重要です。一度、代表に会ってみませんか」と、Oさんに面接を提案しました。

説明会や忘年会で、Oさんの疑問や不安を解消

こうして面接の場をセッティングした結果、代表はOさんに非常に好感を抱いたようでした。若くて人柄も良い公認会計士が欲しいという希望に、Oさんはぴったりの人物だったからです。

一方Oさんは内定が出た後も、同社に転職するべきか、現職のままでいるべきか迷っていました。特に気にされていたのは、残業や年収面、また事業再生という未経験分野への不安でした。そこで私は、Oさんの疑問や不安を解消すべく、同社にお願いして、説明会を合計3回も開いてもらいました。これほど説明会を実施するのは、スタートアップの会社では異例のことです。同社の方でも、代表はOさんのことを採りたいという強い気持ちがあり、もっと会社のことを知ってもらいたいという気持ちから、Oさんを忘年会に誘うなどして、積極的に会社の雰囲気を伝えよう頑張ってくださいました。そうした仕事以外の場で、ざっくばらんに話そうというわけです。
こうして会社側が熱心にOさんに働きかけた結果、Oさんは入社を決意されました。今では会社内でも独り立ちし、事業再生の業務に携わっているようです。

担当エージェント

エージェント紹介

乗馬の専門学校卒業後、牧場で競走馬の調教をしていたという異色の経歴を持つ。その後大手企業での求人広告営業で幅広い業界への知識を身に付け、弊社に入社。フットワークの軽さを武器に、生きた情報のキャッチアップとスピーディーな対応を心掛けている。

【専門領域】
・人材ビジネス、メーカー(自動車・輸送機器)
・ベンチャー企業、上場企業、大手企業


関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二