派遣社員から、監査法人に正社員として再就職

Y.Kさん  30代  女性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
外資系広告代理店(派遣社員)
職 種 /
経理、財務、管理会計
年 収 /
400万円

転職後

勤務先 /
監査法人
職 種 /
会計監査、品質管理
年 収 /
650万円

POINT この転職のポイント

もう一度正社員として働きたいと考え、転職活動を開始

エージェントから法人への働きかけで、ポジションを用意してもらう

面接を組む前に求職者側と求人側の希望のすり合わせを綿密に行い、転職を実現

ワークライフバランスを実現できる職場で正社員として働きたい

Kさんは大手監査法人に勤務した後、かねてから興味があった税務の業務に携わるために会計事務所に転職。ところが、転職活動時に聞いていた話とは異なり、残業時間が非常に多かったため、退職を決意します。「働くペースを自分でコントロールしたい」と考えたKさんは、その後は4年間ほど派遣会社に登録して、派遣先で経理スタッフとして働いていました。しかし30代半ばに差しかかり、このまま派遣社員として働き続けることに不安を感じて、もう一度正社員として再転職するためジャスネットにご登録されました。

Kさんの希望は、第一にワークライフバランスを実現できる会社で働きたいということでしたが、よくよく話を聞いてみると、勤務時間的に無理のない範囲で自己成長が遂げられる責任のある仕事に挑戦してみたいという希望もお持ちでした。また一般事業会社よりも、働き慣れている監査法人や会計事務所などで、残業が少なそうな業務を希望されていました。

監査法人側がKさんのためにポジションを用意

Kさんは豊富な経験を持ち、お人柄の面でも謙虚で素直な方です。監査法人にせよ会計事務所にせよ、どの職場に再就職したとしても十分に対応できる方だと感じました。
ただし問題はKさんの希望が「ワークライフバランスを実現できる職場」であることです。いうまでもなく監査法人は多忙で知られ、会計事務所も残業時間の多いところが少なくありません。

そこで、私は日頃親しくしている中堅監査法人の担当者の方に、「スキルやお人柄の面では申し分のない方ですが、ワークライフバランスを重視したいという希望を持っているのですが、こうした方に対するニーズはありますか?」と、単刀直入に相談してみました。 すると担当者から、「求人を出そうとまでは思っていませんでしたが、監査の品質管理に関する部署の人材が不足しています。この部署なら内勤が中心で、残業時間が少ないのでどうでしょうか」というご返事をいただきました。わざわざKさんのためにポジションを用意してくれるとのお話しだったのです。

日頃から先方の担当者と関係を構築しておくことの大切さ

今回の案件で私が最も気を配ったのは、求職者側と求人側の希望のすり合わせでした。ひと口に「ワークライフバランスを実現できる働き方」といっても、抱くイメージは人それぞれです。Kさんは具体的にどれぐらいの残業時間なら許容できるのか、一方の監査法人側の希望はどうか。またKさんは「無理のない範囲で自己成長が遂げられる仕事にも挑戦してみたい」と考えているが、監査法人側はKさんにどんな業務に携わってほしいと考えているのかなど、細かく詰めていくことにしたのです。Kさんがジャスネットに登録される前の転職で失敗したのは、このすり合わせが不足していたからです。

こうして詳細なすり合わせによって双方の希望を合致させた上で、初めて面接の場をセッティングしました。その甲斐あって、面接から内定までの流れは、非常にスムーズに進みました。

今回の案件では、求人を出していなかったにも関わらず、監査法人の担当者が当社の相談に応じて柔軟に対応していただいたことが大きかったと思います。私たちエージェントが、日頃から人材を紹介するなどさまざまな企業の担当者と密に連絡を取り合い、関係を築いていることが功を奏したと感じています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、商社系の旅行会社に入社し、商社の旅行の手配や新店舗の立ち上げに従事。その後、大手の資格系の学校で、資格やその勉強で得た知識を活かした就職や転職支援業務に携わる。会計や監査法人業界に詳しく、多くの会計事務所や税理士法人との太いパイプを構築してきた。信頼関係を築くことからコンサルティングを開始し、その人の志向性や素養に合致したさまざまな提案を行うのが信条。趣味は鉄道旅行。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、大手企業、ベンチャー企業


関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二