迷う登録者の背中をエージェントが押す

M・Aさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
500万円

転職後

勤務先 /
投資会社
職 種 /
経理
年 収 /
650万円

POINT この転職のポイント

ワークライフバランスの実現とストレスなく働ける職場を希望

エージェントが20~30社ほど紹介するが、決めきれず応募せず

これ以上ない条件の会社を見つけ出し、登録者に強く勧める

修了考査合格を機に転職活動を開始

大学在学中に公認会計士論文式試験に合格し、卒業後に大手監査法人に就職したAさん。入社3年目の時には修了考査にも合格します。「これを一つの節目として、一般事業会社に転職したい」とのご希望で、当社に登録されました。

転職にあたってAさんが一番重視されていたのは、ワークライフバランスでした。また「人間関係で、必要以上にストレスを感じなくて済む職場で働きたい」という希望もお持ちでした。業種や事業内容にこだわりはなく、転職先で新たに積むキャリアイメージについても、明確なものは描けていないようでした。

そこで、まず、Aさんには、比較的ワークライフバランスが保てそうな上場企業を20~30社ほどピックアップしてご紹介しました。しかし、Iさんはどの企業も今一つピンとこなかったようで、ご応募いただけませんでした。

登録者の希望にぴたりと合致した求人案件を探し出す

そうした中で、「この会社だったら、Aさんも心を動かしてくれるのではないか」という求人案件が見つかりました。企業再生などを手がけている投資会社です。ただし会社が募集していたのは企業再生や経営コンサルティングに関わる人材ではなく、いわゆる一般的な経理スタッフでした。その会社の場合、経理スタッフは残業時間が少ないため、Aさんが希望しているワークライフバランスの実現が比較的容易です。また社員はみなさん頭脳明晰で優秀な方ばかりですから、人間関係上のストレスを感じることもさほどないはずです。Aさんに適していると思いご紹介したところ、Aさんも関心を示し応募することになりました。

Aさんは、大学在学中に公認会計士の論文式試験に合格していたことからも分かるように、非常に優秀な方です。またコミュニケーション力も高く、先方が求める「20代の若手の公認会計士」というニーズにも合致していましたから、「書類さえ出せば、ほぼ確実に受かるだろう」と踏んでいました。事実、最終面接前の2次面接が終わった段階で、先方からは「ほぼ内定です」という連絡をいただいていました。

選択肢が多すぎて、転職先を決め切れない

ところが思わぬことが起きます。2次面接が終わった時点でAさんが、「本当にこの会社に入るべきか、もう少し考えたい」と言い始めたのです。どうやら原因は、面接時に先方マネージャーから聞いた言葉にあるようでした。その言葉から「残業時間は少ないと聞いていたが実際は違うのでは?」と、感じてしまったようでした。

Aさんから話を聞いた私はすぐに先方に連絡し、経理職の残業時間がどれほどなのか慎重に確認を取りました。すると残業時間は多くないことが確認でき、回答をそのままAさんにお伝えしました。
この時私は、Aさんが選択肢が多すぎて決め切れなくなっているのではないかと感じました。エージェントの私の目から見ると、その投資会社の求人は、Aさんの希望をこれ以上はないほど満たしており、Aさんのキャリアにとっても必ずプラスになります。そのことを伝え、Aさんにこの会社への入社を強く勧めました。

どの会社を選ぶべきか、登録者の方には判断がつかなくても、エージェントの立場から見ると客観的に判断できるものです。時にはこうして登録者の方の背中を押してあげるのも、私たちの大切な仕事です。

関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二