事業会社から、もう一度監査法人に戻るため転職を決意

R.Aさん  30代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
大手メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
850万円

転職後

勤務先 /
監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
850万円

POINT この転職のポイント

転職先の事業会社の社風が合わず、再度監査法人への転職を決意

マネージャー職での転職を希望する本人に監査法人の現状を説明

今後希望するキャリアに近い監査法人をご紹介

転職先の社風が合わず、それが大きなストレスに

Aさんは、結婚を機に家族との時間を増やす為、大手監査法人から大手メーカーに転職。しかし数カ月後には再び転職を考えるようになっていました。理由は、社風が合わなかったこと。
Aさんが勤務していた監査法人は、繁忙期と閑散期があり、閑散期には色々な方と自由にランチへ行きその時間でリフレッシュし次の仕事に備えるなど、メリハリのある組織である種自由な印象でした。
ところが転職したメーカーは、歴史のある会社でチーム全体としての協調性などを重視していました。朝は朝礼、掃除、ランチも同僚上司と一緒に食事をする事が多い職場でした。

Aさんが配属になったのは海外担当という花形部署で、周囲からも大変期待されており、はた目には恵まれた環境でした。本人も監査法人とは環境が異なることを理解して入社をしたものの、ご本人にとっては想像以上にカルチャーが異なり、それが大きなストレスになっていました。

ジャスネットに登録いただいたのはそんな時でした。
そこでAさんとの面談では、「カルチャーが合うかどうか」を一番の希望条件にし、最終的に再度監査法人への就職を目指すことになりました。

「そのまま監査法人にいたら…」という思いを捨てて望む

Aさんの公認会計士としての知識と経験は、申し分ありませんでした。弁舌さわやかで、対人関係構築力にも長けていました。ですので、転職先の確保についてはまったく心配していませんでした。

ただ、Aさんの心の中には「もし自分が転職せずに、そのまま最初の監査法人に勤め続けていたら、今ごろマネージャー職になっていたはず」という思いが捨てきれずにいらっしゃいました。

しかし、多くの監査法人では例え監査経験が豊富であっても中途入社時点でマネージャーポジションは難しい状況です。このような現実をしっかりお伝えし、またAさんの能力があれば程なくマネージャーに昇進できる可能性が高いとご理解頂き、監査法人をご紹介しました。

各社の監査法人の特徴や状況を細かく説明して候補を絞り込み

クライアントの監査法人とは普段から綿密にコンタクトを取っているため、各社の実情を十分に把握しています。
そこでAさんにはそれぞれの監査法人の特徴や状況、その会社に入ったときに最初に与えられるポジション、そしてその後予想されるキャリアパスを細かく伝えました。それを受けAさんは候補の中から数社面接を受けられ、一番カルチャーが合うと思ったB社にご転職されました。

Aさんとは転職後も時々仕事に関する相談を受けています。言いにくい部分も含めて腹を割って話しをしたことで、Aさんとの信頼関係が生まれたからだと思います。

担当エージェント

エージェント紹介

プラントメーカーの営業経験、その後、創業したばかりのIT企業に転職をし、IPO、M&A、MBOを経験。 黎明期~再生期までの企業での勤務経験や、大手企業~ベンチャー企業までほぼ、全てのステージの企業における勤務経験がある。その後、人材業界へ。転職支援者は、3000名を超え、クライアントは、中小企業~外資系世界NO1企業まで多岐に渡る。

【専門領域】
・コンサルティングファーム(監査法人含む)、税理士法人・会計事務所


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号