税務未経験から大手税理士法人へ転職

K.Tさん  20代  男性  
公認会計士

転職前

勤務先 /
大手監査法人
職 種 /
会計監査
年 収 /
600万円

転職後

勤務先 /
大手税理士法人
職 種 /
税務アドバイザリー
年 収 /
600万円

POINT この転職のポイント

付加価値を持つ会計士になるべく、国際税務を希望

初めての転職活動のため、きめ細かな面接対策を行う

税務アドバイザリーへの意欲、英語習得への姿勢が評価される

クライアントに求められるスペシャリストになるために

監査法人で身に付けた監査業務、体系的な会計知識を活かし、税務経験がありませんでしたが見事転職に成功されました。 クライアントに求められるスペシャリストになる為には、監査だけを知っている「単なる会計士」ではなく、「付加価値を持った 会計士」となる必要があり、それには税務が不可欠であると本人が深く感じ、国際税務を強く希望しました。 本人の強く熱い想いが相手に通じ、税務未経験でも転職に成功することができました。

入念な面接前の事前打ち合わせ

大学卒業後に監査法人に入所し一社勤務。 転職は今回が初めてですので、自己紹介(職務経歴)から想定質問に対 する回答の他、答え方、目線、動作等の態度編まできめ細かく面接対策を実施しました。 面接では本人の税務業務に携わりたいという強い意欲と税務の必要性をアピールしたことも面接クリアーの 大きな要因だと考えます。

若者らしいハツラツさと意欲、やる気が好印象、高評価に

面接では謙虚さの中にも、自信を持って今までのキャリアをアピールしました。税務未経験ですが、若者らしいハツラツさ、明るさに加えて、意欲、やる気が好印象をうみ、高評価につながりました。 また国際税務上、英語は必須です。 英語に対する意欲(現在、TOEIC 800点を目指して猛勉強中)、業務上でも積極的に 取り組んでいきたいというひた向きな姿勢も評価されました。

関連求人

公認会計士の転職 »


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

公認会計士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二