書類選考で一度落ちた会社へ再挑戦し成功!

Y.Wさん  40代以上  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
税理士
年 収 /
650万円

転職後

勤務先 /
会計コンサルタント企業
職 種 /
税理士
年 収 /
670万円

POINT この転職のポイント

今までの経験と今後の興味を棚卸し、資産税の分野へ挑戦

エージェントのプッシュにより、過去に不合格となった企業へ再挑戦

コアとなる転職条件を貫いたことが転職成功の鍵

しっかり自分の棚卸をして、ベストな転職先を模索

「これまでのキャリアで培ってきた資産税の知識を生かせる職務に就き、個人のお客さまの役に立ちたい」。それが今回の私の転職動機でした。
数カ所の税理士法人、会計事務所で働いてきましたが、自分は本当はどんな仕事をしたいのか――そこが少し曖昧になってきた気がしていたんです。
そこで、税理士の仕事と自分の興味について、棚卸をしてみることに。
その結果、私が心からやりたい仕事は、資産税の案件だと気づきました。特に、個人のお客さまはいきなり訪れる相続の機会に困惑される方が多いのです。そこで自分のキャリアやスキルでお役に立てれば、非常に感謝され、結果として私もやり甲斐を感じられるはず。
40代という遅まきながらの心機一転。
本気で取り組める仕事を求めて、数度目となる転職活動をする決意をしたのです。

「もう一回!」という言葉で再チャレンジを決意

40代という年齢に加え、資産税に特化した業務を志望していることもあり、私の希望に合う求人はそう多くないだろう、と予想していました。そのとおり、1社目に依頼したエージェントは数件の求人を紹介後、「少し様子を見ましょうか」と、すぐ棚上げに……。
そこで思い出したのが、以前の転職時に登録していたジャスネットキャリアでした。さっそく相談してみると、「Wさんの希望に合う会社がありますよ」との返事。
しかし、その会社は、過去の転職活動の際、書類選考で落とされた会計コンサルタント会社でした。
「実は以前、落とされているので……」と消極的になった私に、担当エージェントは「もう1回いってみましょう!」と猛プッシュしてくれたのです。
「代表者が替わっていますし、1度目とは景況も変化しています。再度チャレンジして損はない会社だと思います」。そんな担当エージェントの熱意に背中を押され、話を進めてもらうことにしました。

コアとなる転職条件は絶対にゆずるべきではない

多少の不安を感じていましたが、再挑戦の結果、書類選考から面接までスムーズに進み、なんと採用が決定。何よりも、タイミングがよかったのだと思います。
担当エージェントのアドバイスどおり、代表者の交替という企業の内情変化、そして景況の好転があった。採りたい人材像についても、私が提供できるスキル、ノウハウがうまく合致したようです。
今回の転職で得た気づきとしては、「コアとなる転職条件は絶対にゆずるべきではない」ということ。
面接がうまくいかないと、つい、いろいろな条件をゆずりがちになります。
しかし、今回は「資産税の業務に就く」という点ではいっさい妥協しなかった。
振り返って思えば、「もう1回いってみましょう!」というアドバイスがなかったら再挑戦はしていなかったはず。背中を押してくれた担当エージェントには、本当に感謝しています。

担当エージェント

エージェント紹介

公認会計士を目指していた時に得た知識と経験を公認会計士の転職支援に活かしたいという想いから弊社へ入社。 会計分野の幅色い専門知識で公認会計士・税理士の方々の転職支援1000名以上。大手税理士法人、コンサルティングファームなど幅広いネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・大手企業、上場企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二