職場次第で専門性の高い仕事と育児は両立できる

O.Mさん  40代以上  女性  
税理士

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
660万円

転職後

勤務先 /
税務コンサルティング会社
職 種 /
税務
年 収 /
550万円

POINT 転職成功のポイント

仕事と育児の両立支援に力を入れる会社を紹介

法人税法と相続税法の合格者であることが高く評価された

年収よりも転職活動を始めた動機を優先した

仕事と子育ての両立を目指すシングルマザー

Mさんは、小学校就学前の子どもがいるシングルマザーです。5科目合格で税理士の資格を持ち、大手メーカーに勤めていましたが、仕事と子育てを両立できる環境を求めて、約1年前に税理士法人に転職。しかし、その職場もけっして柔軟な働き方ができるわけではないことが分かり、再度、転職するために当社にご登録されました。

Mさんの転職先に対する希望は、「子育てに理解のある職場であること」と「税理士としての専門性が発揮できること」の2つ。近年、仕事と育児の両立支援に力を入れる会社や事務所が増えています。また、Mさんはスキルや経験が十分に備わっていたため、紹介できる会社や事務所は数多くありました。

法人税法と相続税法の合格者であることが高評価

紹介した会社のうち、法人のM&Aや国際税務、個人の資産税や相続税対策などを手掛けている税務コンサルティング会社が、Mさんに興味を抱きました。同社には公認会計士や税理士が数多く在籍しており、扱う事案も専門性が高いものばかり。また、子育てをしながら働いている人も在籍しており、子育てに理解のある職場です。

面接を対応したのは、代表とマネージャー。このマネージャーは、同事務所で仕事と子育てを両立しながら働いてきた女性で、まさにMさんのロールモデルになるような人物。この方と出会ったことでMさんは、同社に対する志望度がより高くなったご様子。会社側もMさんが5科目合格者であること、とりわけ難易度が高い法人税法と、今後ニーズが高まることが予想される相続税法の合格者であることを高く評価していました。

年収を取るか仕事内容を取るかの2択

順調に内定を得たMさん。しかし、会計のアウトソーシング業務をメイン事業とする上場企業からも内定が出ており、どちらを選ぶか迷っていました。仕事内容で判断するならコンサルティング会社、年収や経済的な安定を優先するなら、上場企業を選ぶべきです。

私はMさんに、双方の会社のメリットとデメリットを伝えることに。コンサルティング会社を選べば、転職時の年収は低くなりますが、その後の実績次第では大幅な年収アップが望めます。ただし実績を挙げられなければ、年収増は難しい。一方、上場企業の場合は、仕事内容から考えて今後の年収アップはさほど期待できませんが、今の年収を長く維持することは可能です。

Mさんは転職活動を開始した動機を優先し、「税務のプロとして専門性を発揮できる職場で働きたい」と、コンサルティング会社を選択しました。Mさんであれば、数年後に選択が間違ってなかったと思えるような結果を出していくことでしょう。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、大手予備校で300人以上の生徒指導、校舎運営、スタッフのマネジメント、採用、研修等幅広い業務に携わる。大学受験から転職というより広い視野で人生、キャリアを決定する場面で、一人ひとりの方に最良のキャリアを提案したいと考え、弊社に入社。

【専門領域】
・教育、学校、IT
・株式公開準備、ベンチャー企業


税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号