未経験ながら希望の国際税務へ転職

S.Nさん  30代  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
中小会計事務所
職 種 /
税務コンサルタント
年 収 /
680万円

転職後

勤務先 /
中堅税理士法人
職 種 /
国際税務コンサルタント
年 収 /
660万円

POINT この転職のポイント

国際税務を経験できる、税理士法人への転職を希望

クライアントとの距離の近さが決め手となり中堅の法人を選択

スキルや経験だけでなく、向上心や謙虚さをアピールして採用に

英語を使う仕事をしたいという強い想い

Sさんは、もともと経験されていた会計事務所で、中小企業のオーナーに対して税務アドバイスを行っていました。非常に頼られる場面も多く、仕事に対してやりがいも感じている方でしたが、もともと英語が好きで勉強を続けており、800点近いTOEICスコアを持っている事もあって、英語を使った仕事をしたいという想いも強く持たれておりました。そんな折に弊社に登録に来られ、中堅の税理士法人で希望通りの業務に就かれました。

今後のキャリアを考えた際の法人選び

国際税務を希望した際に、大手税理士法人か中堅税理士法人という選択肢があると思います。ご自身としてもいずれを選択すべきか非常に迷われておりました。選考はいずれの法人でも進めて活動していたのですが、過去に弊社から転職をされた税理士の方が、どういった想いでそれぞれの法人を選択してきかという事例なども交えてお話をさせていただきました。その結果、経験出来るサービスラインの広さや、クライアントとの距離感の近さという事を決め手として中堅税理士法人を選択されました。

誠実さ、謙虚さ、向上心という姿勢の部分が大きな評価に繋がりました

Sさんについては、非常に物腰の柔らかいタイプの方で、面接でも極端に自己主張をするタイプではありませんでした。面接も同席をして隣で聞いていましたが、どちからと言えばアピールが足りないと思うぐらいの面接でした。ただ、そういった謙虚な姿勢や誠実な姿勢が非常に評価を上げたポイントでした。資格者の方は○○が出来ますという、自分の強みをアピールするような面接が多いのですが、Sさんは経験をアピールするよりも、知識の吸収や向上といった事に貪欲であるという姿勢を見せられておりました。そういった仕事に対する姿勢が上手く評価を受けられたケースだったと思います。

担当エージェント

エージェント紹介

公認会計士を目指していた時に得た知識と経験を公認会計士の転職支援に活かしたいという想いから弊社へ入社。 会計分野の幅色い専門知識で公認会計士・税理士の方々の転職支援1000名以上。大手税理士法人、コンサルティングファームなど幅広いネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・大手企業、上場企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二