30代後半で税務コンサルタントにキャリアチェンジ

K.Nさん  30代  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
不動産業(自営)
職 種 /
――
年 収 /
――

転職後

勤務先 /
コンサルティング会社
職 種 /
税務・会計コンサルタント
年 収 /
300万円

POINT この転職のポイント

家業に携わりながら勉強し、税理士資格を取得

希望する国際税務にこだわらず、まずは実務を優先することに

エージェントは面接対策でキャリアを客観視するよう進言

社長秘書、不動産業に従事しながら、30代後半にして税理士資格を取得

前職では家業の税理士事務所で勤務していたNさんは、社長秘書としてスケジュール管理や各種意見調整、レポーティング業務などを担当。「経営者と雇用社員の中間で就業した経験から、両者の意思調整力を身に付けることができました」とおっしゃいます。

税理士の活躍を身近に感じ、仕事と並行して税理士資格試験の勉強にも取り組み始めました。
入社から5年目に、自営で不動産業を立ち上げるために税理士事務所を退職したNさん。税理士試験では財務諸表論、簿記論、所得税法に合格し、就業しながら会計学の大学院に入学しました。

不動産業の開業から5年後に大学院が修了、税理士として実務を積むために転職活動をスタートさせることにしたそうです。

税務コンサルタントとしての実務を優先して求人探し

大学院での勉強を通して国際税務に興味を持ち、英語の勉強を始めていたNさん。実務経験を積むことはもちろん、英語や国際税務にかかわることのできる環境で働きたいという希望もお持ちでした。

30代後半になって大学院が修了したばかりで、税務の実務が未経験のNさんにとって、応募可能な求人は決して多くはありません。
担当エージェントは現実をご説明した上で、英語や国際税務にこだわって転職活動に時間をかけるよりも、まずは税理士としての実務を優先させることをご提案し、Nさんにもご納得いただきました。

そこでエージェントがNさんに紹介したのは、公益法人を専門に会計指導や税務申告代理などを行うコンサルティング会社です。
税理士資格があれば未経験の方も歓迎しており、初心者への教育体制も整っているという、Uさんには願ってもない環境です。

Uさんは会社側が想定する年齢よりも少し上だったのですが、エージェントはUさんが会社側の重視している「転職回数の少ない方」「コミュニケーション能力の高い方」という人物像に合っていることを推し、書類選考を通過することができました。

これまで身に付けたスキルが生かせることを面接でアピール

面接が決まり、エージェントは就職活動が初めてとなるUさんにアドバイスをしっかり行いました。
退職理由と志望理由、それに今後やっていきたいことの3点は必ず準備するというセオリーはもちろん、Uさんに合わせた対策として「これまで従事していた家業について客観視し、別の仕事にも応用できることが相手に伝わるよう工夫してみてください」とお願いしました。

Uさんはご自身の意欲や秘書業務で培ってきたスキルを面接で伝えることができ、採用が決まりました。いつもなら人事決定権を持つ方は二次面接を担当されるのですが、このときは偶然一次面接に参加され、Uさんのコミュニケーション能力の高さ、人柄の良さが評価されました。

30代後半で家業から外の世界に飛び出し、社長秘書、不動産業から税理士へとキャリアチェンジするUさんのご活躍を応援しています。

担当エージェント

エージェント紹介

乗馬の専門学校卒業後、牧場で競走馬の調教をしていたという異色の経歴を持つ。その後大手企業での求人広告営業で幅広い業界への知識を身に付け、弊社に入社。フットワークの軽さを武器に、生きた情報のキャッチアップとスピーディーな対応を心掛けている。

【専門領域】
・人材ビジネス、メーカー(自動車・輸送機器)
・ベンチャー企業、上場企業、大手企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二