産休明けに、ワークライフバランスの取れた優良企業へ

C.Yさん  30代  女性  
税理士

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務コンサル
年 収 /
500万円

転職後

勤務先 /
電気・ガス・熱供給・水道業
職 種 /
経理・財務
年 収 /
480万円

POINT この転職のポイント

転職希望者が出産を機に、ワークライフバランスを重視

求人企業の担当者との関係性ができていた

エージェントの交渉により、争点であった年収も転職者、求人企業の双方が折り合った

転職者がワークライフバランスを重視

Yさんは、中堅の税理士法人の税務コンサル部門にて、クライアントの経理業務・税務申告業務、SPC業務を担当していました。大学を卒業する年に税理士試験の2科目に合格。残りの科目については働きながら、かつ短期間で取得するという大変な努力家のうえ計画性のある方です。

そのYさんが1年間の育児休暇中、今後の働き方を考えなおすタイミングのなかで、ジャスネットのエージェントサービスを知ったそうです。「出産をしたこともあり、元の職場にもどり最前線でバリバリ働くよりも、ワークライフバランスの取れた労働環境で気分的にもゆったりと働きたい」というのが第一のご希望。また、税理士法人よりも一般の事業会社での勤務をご希望でした。

重視したポイントは、残業が少なく、福利厚生がしっかりしていること(時短制度や産休制度)と、年収面の希望として、前の職場と同等かそれ以上ということでした。

求人企業の担当者との関係性ができていた

年収500万円で、さらに当分は時短で働きたいというご希望ですと、正直なところご紹介できる案件としてはかなり限られてきます。なんとかご希望に応えたいわたしの頭には、ある財閥系企業の求人が浮かんでいました。

働きやすく人にも優しい企業です。その会社からは初めての求人であったものの、求人をいただいた企業担当の方は関連会社を何社かご経験され、そのつど(3回ほど)求人のご依頼をいただいていました。

担当の方とは、日ごろからのメールのやり取りで関係ができていたこともあり、その方がどのような経理人材を望まれているのかを、事前に完璧に把握していました。

担当の方には、Yさんの経歴も人柄も一発で気に入っていただけるだろうという自負はありました。ただ、Yさん自身がどう判断されるかだけが心配でした。

関係性ができたうえでの交渉により、争点であった年収も双方が折り合った

実際にYさんにその企業をご紹介したところ、社風や福利厚生、残業の条件などに納得がいき、企業側の担当の方にもYさんの能力や謙虚さは大変好印象でした。一次面接の段階で採用の意向は固まっていましたが、一点だけ折り合わなかったのが年収でした。

Yさんの希望年収は、当該企業のスタッフ部門の年収を超えていたため、交渉は難航するかに思われました。

担当の方と打ち合わせの機会を何度かもち、結局のところは企業側に最大限の評価をしていただくことができました。Yさんの希望年収からは20万円ほど低い金額ではあったものの、双方が納得をしたうえで、その企業への入社が決まることとなりました。

これは、Yさんのポテンシャルの高さはさることながら、担当の方と日ごろより密な連絡を取り合うことの大切さを再確認できたところです。

転職直後は会社の繁忙期と重なり、しばらくは残業の日々が続いたそうですが、2、3カ月後には業務量も落ち着き、いまでは当初にYさんが望まれていたワークライフバランスの取れた日々を送られているとのことなので、わたしもホッとしているところです。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号