相続や事業承継業務の経験を積むために転職

T.Yさん  30代  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
550万円

転職後

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
550万円

POINT この転職のポイント

相続や事業承継業務の経験を積むため転職を決意

転職活動の時間が取れないため厳選してエントリー

老舗事務所で将来的に独立も可能な事務所を紹介

相続税や事業承継業務に携わりたい

税理士資格をもつYさんは銀行勤務を経て、税理士法人で8年間ほど働いていました。税理士法人では、担当するクライアントの税務申告、資金繰りや銀行借入に対するアドバイス業務など、一通りの業務を経験してきました。

次にYさんが経験を積みたいと考えたのが、これからニーズの拡大が予想される相続税や事業承継業務です。こうした業務は単発での依頼が多くなりますが、Yさんが勤めていた税理士法人では既存顧客重視の方針のため、単発の仕事は原則として受けていませんでした。そこで、相続税や事業承継業務の経験を積むために転職を決意。当社にご登録されました。

Yさんは仕事の兼ね合いで転職活動の時間がほとんど取れないこともあり、複数の事務所を並行して応募するのではなく、厳選して1社ずつエントリーしていくことにしました。

大型案件を数多く手掛けている老舗税理士法人

資産相続や事業承継を中心に手掛ける事務所は、社会全体の高齢化の波を受けて近年増加傾向にあります。そんな中でYさんに紹介したのは、昔から資産相続・贈与・事業承継、M&Aに特化した業務を行ってきた老舗の事務所でした。

同事務所では、事業承継でいえば年商1億円以上のクライアント、相続税でいえば数百億円単位の大型案件もあり、幅広く経験を積むことができます。ここで働いてスキルを磨いた後に、独立するOBやOGも少なくありません。事務所の気質は、穏やかで落ち着いて仕事に取り組める一方で、高い成長意欲や向上心が求められます。Yさんがキャリアを形成していく上で最適だと考えました。

事務所側から高く評価され即内定

同事務所では、事務所経験者であることと、税理士試験科目に3科目以上合格していることを応募条件としていたため、税理士資格を保有するYさんは全てを満たしていました。相続や事業承継業務の経験がほとんどないことについても、マイナスにはなりませんでした。そもそもこうした業務経験のある税理士が少なく、未経験でも積極的に受け入れているのが実情です。

面接は1回だけで、「人柄も経験も申し分なく、相続や事業承継の仕事に携わりたいという強い意思も伝わってきました」と、すぐに内定を得ることができました。

この案件もそうですが、転職活動に充てられる時間は限られています。その中で効率的に良い転職活動ができるように、エージェントがサポートしています。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号