安定した経営体制とワークライフバランスを求めて転職

Y.Rさん  40代以上  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
樹脂メーカー
職 種 /
経理
年 収 /
550万円

転職後

勤務先 /
資産運用会社
職 種 /
経理
年 収 /
670万円

POINT 転職成功のポイント

経営状態が良好で残業も少ない会社を希望

幅広い経験を積める大手電鉄会社の子会社を紹介

業界や会社に関する情報を入念に調べた上で面接に臨む

勤務先の会社の将来に不安を感じ転職を決意

Rさんは税理士の資格を持ち、大手ゼネコンや大手監査法人などで働いてきた方です。直近では樹脂メーカーに勤めていました。しかし、会社の経営状態が思わしくなく、将来に不安を感じて、経営が安定している会社への転職を決意しました。
Rさんには小さなお子さんがいるため、残業が少なく、ワークライフバランスを実現しやすい環境を希望していました。

そこで、Rさんに紹介したのが、不動産ファンドの資産運用会社です。大手電鉄会社が親会社ということもあり、経営面は全く心配ありません。また、完全週休2日制で残業も少なく、ワークライフバランス重視のRさんにぴったりな会社でした。

未経験の業界への不安を拭い去る

Rさんに同社を勧めた理由は、もう一つあります。同社は社員数十名の小さな組織であり、経理スタッフは経理や税務はもちろんのこと、時には総務的な仕事にまで関わることになります。仕事の幅を広げていく上でも、Rさんのキャリアにプラスになると考えました。

Rさんは、同社に強い興味を持ちつつも、金融関係の業種で働いた経験がないため「自分にできるのか?」と少し不安な様子でした。そこで、不動産ファンドの資産運用とはどんなビジネスなのか、私自身が把握している内容をRさんに共有しました。またRさんも、図書館に足を運び業界についての本を読み、親会社の中期経営計画や開示資料なども読み込んだ上で面接に臨みました。

退職交渉の状況を小まめに会社へ共有

こうして迎えた一次面接では、「税理士の資格を持ち、事業会社での経験も大手監査法人での経験も豊富。しかも当社についてしっかりと調べた上で、面接を受けられている。コミュニケーション力も高く、こんなに理想的な人はいない」という高い評価を得ることができました。

Rさんも、面接時に会社側から事業内容について丁寧な説明があり、志望度が上がっていました。さらに会社側から「金融面の知識については働きながら徐々に学んでいただければ十分です。会社としてもサポートします」という言葉があり、未経験の業種へ飛び込む不安もかなり軽減したようでした。そして二次面接も難なく通過し、内定を得ることができました。

ポテンシャルの高いRさんであれば、慣れない業界であってもすぐにキャッチアップし、即戦力として活躍していただけるのではないかと思います。

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号