前職で携わってきたスキルを深められる転職先

K.Mさん  30代  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
美容店
職 種 /
経理
年 収 /
530万円

転職後

勤務先 /
アパレル会社
職 種 /
経理
年 収 /
630万円

POINT この転職のポイント

人事異動を機に経理職を続けるために転職を決意

前職の会社と共通点が多い会社を紹介

エージェントが適切な面接対策のアドバイスをする

今の職場では経理職に戻れないと判断して転職

Mさんは、会計事務所や税理士事務所で経理と税務の経験を積んだ後に、美容店舗を展開する東証一部上場企業に転職。そこで10年以上にわたって経理職として働き、決算業務や開示業務、税務などに携わってきました。しかし、人事異動によって経営企画部に配属になり、経理職を離れなくてはいけなくなりました。

一般的には経営企画部は、評価の高い人材が配属される花形部署です。しかしMさんは「経理の専門職としての道を究めたい」という思いがあり、今の職場では経理職には戻れないと判断し、転職活動を始められました。

Mさんほどの実績があれば、転職市場では引く手数多です。その中から私はアパレル関係の東証一部上場企業を紹介しました。

前職と同じ多店舗経営を行う会社を紹介

同社をMさんに紹介したのは、前職の会社と業態が似ていると思ったからです。前職の会社は美容店舗で多店舗展開をしており、同社も同じく全国に多店舗の展開をしています。業界は違っていますが、経理業務の共通点が多くあります。Mさんは性格的に「これまで経験していない全く新しい世界に飛び込み挑戦したい」というよりも、「これまで携わってきた分野で、自分の能力を深めていきたい」というタイプです。この点も含め、Mさんには同社が合うのではないかと判断しました。

また、私は同社との付き合いが長く、会計事務所経験者を好む傾向が強いことを知っていました。Mさんは会計事務所での経験があるだけでなく、税理士試験に2科目合格しており、強力なアピールポイントになるはずだと考えました。

面接対策では自分を実像以上に大きく見せないよう助言

Mさんは、もともとアパレル業界に興味があったようで、応募に対して非常に乗り気でした。書類選考時には自ら長文の志望動機書を書き、「これを応募書類に同封して送ってください」と私に依頼してきたほどです。「この会社に入りたい」というMさんの強い気持ちが伝わってきました。

Mさんは実績やスキルだけではなく、コミュニケーション力や協調性も高いため、面接を受ければ、まず合格できるだろうと考えていました。そこで、私からは一点だけ助言しました。同社は、本来の実力以上に自分を誇張してよく見せようとする人を好まないため、「これまでの経験や身に付けてきたスキルをありのまま話してください」と伝えました。面接は順調に進み、Mさんは無事に内定を得ることができました。Mさんの希望や興味や関心に合う会社を紹介することができてよかったです。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二