地域の青色申告会から地元の税理士事務所に転職

T.Mさん  40代以上  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
社団法人
職 種 /
税務指導
年 収 /
600万円

転職後

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
税務
年 収 /
500万円

POINT この転職のポイント

税理士になるため40代前半にして、税理士事務所への転職を希望

ウイークポイントを補うため代表に掛け合い面接の機会を得る

人柄とコミュニケーション能力、税務の知識をアピールし内定を勝ち取る

税理士事務所での実務経験がないことがウイークポイントに

Mさんは大学卒業後、地域の青色申告会に就職。15年以上にわたり個人事業主に対して記帳、給与計算、決算、申告などの税務指導を行ってきました。そんな中で豊富な税務の知識があるのだから、税理士の資格を取得して税理士になりたいという思いが次第に強くなり、思い切って退職。税理士事務所への転職を目指し、当社にご登録されました。

ただしMさんは個人事業主に対する税務指導の経験と知識は豊富でも、実際に手を動かして法人の会計処理や決算・税務申告などの税理士業務を行った経験はありません。選考の際にはその点がウイークポイントになると考えられました。

地元に信頼される事務所を紹介

わたしが紹介したのは、Mさんが働いていたエリアにある税理士事務所です。中規模くらいの事務所であり、代表は人情味あふれる「地元の税理士先生」という感じで、地域からの信頼がとても厚く、社員も働きやすい環境なのではないかと感じていました。

同事務所所では、人柄がよく、コミュニケーション能力の高い経験者を探していました。Mさんの人柄や指導業務で身に付けていたコミュニケーション能力は申し分ありません。わたしは、税理士業務未経験というウイークポイントを解消するため、代表と話をすることにしました。

人柄や覚悟、情熱をアピールして未経験ながら内定を勝ち得る

わたしは、代表にMさんをアピールしました。長く青色申告会で指導を行ってきた経験と知識、そして町の人に愛される人柄、実際に経験はないが税理士の勉強を必死に行う覚悟があることを伝えました。

すると「あなた推薦であれば会ってみましょう」と、応募の機会を得ることができました。早速Mさんに伝えたところ、「ぜひ応募したいです」と答えが返ってきました。その後、書類選考を通過し、代表との面接が実現。面接前に、わたしからMさんに「経験がないことは伝えています。働きながら資格取得を目指す覚悟と情熱を伝えてください」とアドバイスしました。

Mさんは今、同事務所で働きながら、税理士資格の取得を目指して学校にも通っています。事務所側も勤務時間などを配慮するなど、Mさんの税理士資格取得に向け支援してくれています。代表からも「よい人と巡り合えた」と連絡をいただきました。

担当エージェント

エージェント紹介

約5年間、営業職として住宅メーカーに勤務した後、「転職というその方にとって人生の分岐点になるかもしれない場面で、何かお手伝いができる仕事がしたい」と考え、エージェントに転職。ご登録者に正しい選択をしていただくために、ご紹介した会社に関する良い面も悪い面も正直に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二