30代半ばからの税理士法人への転職をバックアップ

Y.Oさん  30代  女性  
税理士

転職前

勤務先 /
建設会社
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
330万円

POINT この転職のポイント

30代半ばで未経験から税理士法人へ転職

応募条件を満たしていないが面接してもらえるよう交渉

向上心の高さと人柄が評価されて内定を勝ち取る

専門学校に通いながら税理士試験5科目合格を目指す

Oさんは30代半ばの女性で、向上心が高い方です。小さな建設会社で経理として働きながら、日商簿記1級を取得。さらには税理士試験にも挑戦し、2科目合格を果たしていました。将来の目標は、残りの3科目に合格して税理士になることです。

ところが税理士を目指しているにもかかわらず、Oさんにはこれまで税理士法人での勤務経験がありませんでした。そこで30代半ばでも転職可能な税理士法人を求めて、当社にご登録されました。具体的な転職先としては、資格試験の勉強をサポートする体制が整っていることと、通学と通勤の両立が可能な地域にある事務所を希望していました。

Oさんは勤務先の建設会社では、日常の経理業務にしか携わっていませんでした。しかも事務所勤務も未経験となると、転職活動は難航することが予想されました。経験はなくても、日商簿記1級や税理士試験に2科目合格しており、高い知識は備えていることと、向上心の高さをどれだけアピールできるかがカギになると考えられました。

面接さえ設定できれば可能性は大きく広がるはず

そんな中で紹介することができたのが、ある有名な税理士法人の支所でした。この税理士法人は社員の資格取得のためのサポート体制が整っていることで知られていますし、支所はOさんがお住まいの地域にあるため、通学にも影響しません。

ただし当初はこの税理士法人も、Oさんに事務所経験がないことに難色を示しました。そこで「確かにそうですが、これだけの資格をお持ちの方です。日常の経理業務しか経験していないのも、勤めている会社が中小企業なので、能力を発揮できる機会がなかったからです。就職すれば絶対に御社の力になれる方ですので、ぜひ会ってください」とお願いをし、面接の場を設定していただくことができました。

面接さえ設定できれば、内定を得られる可能性は大きく広がると予想していました。Oさんは人柄の良さと礼儀正しさを備えており、人間性は申し分ありません。またこれまで積み重ねてきた経歴や今回の志望動機についても、しっかりと自分の言葉で話すことができます。

不安を感じていたOさんの背中をポンと押してあげる

結果は私の期待通りでした。面接後、すぐに事務所から内定の連絡が入ったのです。「この方でしたら、事務所経験がなくてもポテンシャルで採用します」とのことでした。

いざ内定が出てみると、Oさんは新しい世界に一歩を踏み出すことに不安を感じている様子でした。そこで「もし本当に税理士として働きたいのなら、年齢的にもこれが最後のチャンスです」とお伝えして、Oさんの背中をポンと押してあげました。

努力家のOさんが、いつの日か5科目合格を果たし、税理士としてご活躍されることを期待しています。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、広告代理店勤務を経て塾講師に。その後、「このまま塾で社会に出ていく若者を育てるのもいいが、社会人がキャリア形成に悩んだときに、よりよい選択のお手伝いができないだろうか」また「自分がまだ知らない多くの企業と接点を持つことはできないだろうか」と考え、転職エージェントにキャリアチェンジ。登録者には納得度の高い転職をしていただくために、情報を包み隠さず正確に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・IT、メーカー(電気、電子、半導体)
・ベンチャー企業、上場企業、株式公開準備


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号