子育てのために仕事と家庭を両立できる事務所に転職

K.Kさん  30代  女性  
税理士

転職前

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
税務
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
税理士事務所
職 種 /
税務
年 収 /
370万円

POINT この転職のポイント

勤め先が事業縮小となり転職を余儀なくされる

シングルマザーのため仕事と家庭を両立したい

ワークライフバランスを実現でき、人柄重視の事務所を紹介

第一希望は仕事と家庭を両立できること

税理士事務所で補助員として働いていたKさん。事務所が事業を縮小することになり、会社都合で退職を余儀なくされていました。 転職活動を始められたKさんは、中学生の娘さんを持つシングルマザーでもあります。そこで転職先への第一の希望は、現在の年収を維持しつつ、ワークライフバランスを確保しながら働けることでした。また税務の仕事が好きなこともあり、できればその関係の仕事に就きたいとのことでした。

Kさんは、前の職場では補助員として働いていたこともあり、税務スキルが十分に備わっているわけではありませんでした。一方で、人柄は穏やかで誰からも好かれるタイプの方でしたので、人柄重視の職場を紹介することにしました。

エージェントとの信頼関係が築けている事務所を紹介

Kさんに紹介したのは、私が懇意にさせていただいている税理士事務所です。同事務所の特徴は、ワークライフバランスを実現するための制度が整っていること。勤務時間は8時~17時と9時~18時の2つのパターンがあり、従業員が自分で選べます。産休、育休、時短の制度も充実しており、子どもを育てながら働いている女性が何人もいます。Kさんの希望に合致する職場です。

また同事務所の採用方針は人柄重視。代表は「スキルは教えればいくらでも伸びるが、大人になってから人柄を変えるのは難しい。だから素直に人の話を聞けて伸びたいという意欲を持った吸収力の高い方を採用したい」という考えを持っていました。

私と代表との間には信頼関係が築けており、「書類を出していただいた方については、全員にお会いしますよ」という言葉もいただいていました。Kさんは、同事務所に自信を持って紹介できる人柄でしたので、マッチングすることにしました。

素直さや吸収力が評価されて内定が出る

同事務所は採用の審査の際に、面接の他に性格や学力を測定する適性検査を実施します。 適正検査については、事前にどういった内容の試験なのかを私の方で掴んでいたため、出題傾向を事前にKさんにお伝えすることができました。 面接の評価は上々であることは予想通りでしたが、適性検査の結果も特に問題になることはありませんでした。

先日同事務所を訪ねた際に、Kさんの姿をお見掛けしました。とても生き生きと仕事をされているようでした。

担当エージェント

エージェント紹介

約5年間、営業職として住宅メーカーに勤務した後、「転職というその方にとって人生の分岐点になるかもしれない場面で、何かお手伝いができる仕事がしたい」と考え、エージェントに転職。ご登録者に正しい選択をしていただくために、ご紹介した会社に関する良い面も悪い面も正直に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二