人柄と仕事への姿勢をアピールして転職に成功

M.Mさん  40代以上  女性  
IR・人事・労務

転職前

勤務先 /
テレビ番組制作会社
職 種 /
一般総務事務
年 収 /
480万円

転職後

勤務先 /
国際特許事務所
職 種 /
一般総務事務
年 収 /
420万円

POINT この転職のポイント

40代前半という年齢を考え定年まで働ける職場を希望

人柄は抜群だが突出したスキルに欠ける

人柄を最重視する事務所を紹介し、面接で評価を得る

勤めている会社の経営が厳しくなり、やむを得ず転職

テレビ番組の制作会社で、10年近くにわたって経理・人事・総務スタッフとして働いてきたMさん。ところが数年前より、勤めていた会社の経営が厳しくなってきました。会社からは「もう十分に貢献してくれたし、転職活動をしてもいいですよ」と告げられていましたが、何とか経営の立て直しの力になれないかと考え、転職を踏みとどまっていました。しかしいよいよ今後の生活のこともあり、転職活動を始めることにしました。

Mさんの年齢は40代前半。年齢のことを考えて、定年まで働ける転職先を希望していました。Mさんは真面目で明るく、どんな方ともうまく接することができる方で、お人柄の面では抜群です。一方業務スキルについては、よく言えば一定レベルの業務を遂行することができますが、突出したスキルはお持ちではありませんでした。 こういう方は、年齢が上がるにつれて紹介できる案件が少なくなっていくのが現実です。しかし数は少なくても、こういう方を必要としている会社や事務所も存在します。

未経験分野に対する不安を払い去る

Mさんに紹介したのは、従業員数10人程度の国際特許事務所です。同事務所では一般総務事務や特許申請などの書類の作成補助業務に携われる人材を求めていました。一般総務事務であれば、Mさんのこれまでの経験を生かすことができます。また経営も安定しており、長く働ける職場というMさんの希望を満たしていました。

同事務所はスキルよりも人柄を非常に重視しているのも特徴で、採用面接は1時間半から2時間ほどの時間をかけて、代表が応募者の協調性や自発性を見極めていきます。私は、Mさんの前職の会社での仕事ぶりをお聞きして、Mさんが強い責任感を持ち、自分で考え、創意工夫しながら仕事に臨んでいる方だと判断し、同事務所の代表の目にかなうと感じていました。

一方同事務所を紹介した当初、Mさんは法律関係の仕事が未経験だったこともあり、不安を抱いていました。そこで代表に、事務所の事業内容やMさんが担当する業務内容について、面接の際に細かく説明していただくようにお願いしました。

年収が懸念点となったが家族が後押し

こうして迎えた面接本番は大成功で、すぐに内定が出ました。またMさんも、具体的な業務内容を聞いたことで「自分でもできそうだ。やってみたい」という思いが高まったようです。代表に対しても、「私のことをしっかりと見てくださいました。この代表の下でぜひ働きたいです」と好印象を抱いていました。 唯一の懸念点は、年収が前職の会社よりも若干落ちることでしたが、Mさんのご家族から「良い職場だと思うから、迷う必要はないよ」という後押しがあり、同事務所への転職を決意されました。

Mさんは今、同事務所で元気に働いています。入社後に連絡を取ったところ「大変だけれど、やりがいを感じています」という返事が返ってきました。

担当エージェント

エージェント紹介

約5年間、営業職として住宅メーカーに勤務した後、「転職というその方にとって人生の分岐点になるかもしれない場面で、何かお手伝いができる仕事がしたい」と考え、エージェントに転職。ご登録者に正しい選択をしていただくために、ご紹介した会社に関する良い面も悪い面も正直に伝えることをモットーとしている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

IR・人事・労務の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号

会計人の人生観・仕事観を紹介 「アカウンタンツマガジン」最新号

計士の肖像
「自分は誠実に仕事をしているか?」自問自答すれば、足りない部分も見えてくる。それをやり切るのが 僕の言う"プロ"なのです

 

青山学院大学 名誉教授 大原大学院大学 会計研究科 教授 博士(プロフェッショナル会計学)

八田 進二