人事・労務のスキルを生かして社会保険労務士法人へ転職

K.Wさん  20代  女性  
IR・人事・労務

転職前

勤務先 /
サービス業
職 種 /
給与計算
年 収 /
250万円

転職後

勤務先 /
社会保険労務士法人
職 種 /
人事コンサルタント
年 収 /
330万円

POINT この転職のポイント

契約社員から正社員を希望し、転職活動をスタート

エージェントは「転職しない」という選択肢も含めて進言

今のスキルを生かしながら可能性の広がる求人を選択

持ち前の向上心で、新人研修や進捗管理のリーダーも担当

専門学校の映像学科で4年間学び、卒業後は映像制作の仕事に就かれたWさん。連日深夜までというハードワークの中でもより良い作品づくりに励みましたが、「結婚してからも長く続けられる仕事がしたい」と考えて事務職にキャリアチェンジ。契約社員としてサービス業の会社に入社し、給与計算、年末調整業務などに従事しました。

向上心の高いWさんは「もっと仕事を任せてほしい」と上申し、もともとは正社員が担当していた新人研修や月間の進捗管理をチームリーダとして任されるまでになっていました。

しかし入社して4年目、契約社員としてかかわることのできる業務に制限があり、今の会社に正社員登用制度もないこと、そして年収が上がる見込みもないことから、キャリアアップできる環境で働きたいと願うようになり、弊社にご登録されました。

日商簿記2級を取得、公認会計士の勉強も始めて経理への転職を希望

キャリアの幅を広げようと考えたWさんは、現職に従事しながら日商簿記2級を取得、さらに専門性を身に付けるため公認会計士の勉強もスタートさせていました。「最終的に監査がやりたいということではなく、会社の事業に貢献できるよう、裏方として管理部門で支えていきたい」と考えてのことです。勉強したことを生かそうと、経理への転職を希望されていました。

担当エージェントは面談の中で、Wさんが会計士の勉強をされているとお聞きし、試験に合格してから転職した方がいいのではないかとアドバイス。
「現職は契約社員で仕事もそれほどハードではないということで、勉強するにはいい環境です。現在2社目で、今転職すると3社になってしまいますし、会計士に合格すればキャリアアップのためにまた転職する可能性もあるでしょう。それならば転職回数を重ねるより今の会社にいて勉強を続けてはいかがかとお話ししました」

仮に今転職するにしても、未経験の経理だと受けられる求人は限られますが、実務経験のある給与計算を生かして人事に転職する方が選択肢は広がります。「Wさんがお考えなのは管理部門でキャリアを積んで昇格し、会社をサポートすること。
ならば経理にこだわらず、人事から出発してもいいのではないでしょうか」。エージェントのアドバイスを聞き、その日Wさんはお帰りになりました。

今のスキルが生かせる仕事でキャリアを積むため、人事・労務の仕事を選択

そして半月後、Wさんから再度連絡が。ご自身の中で優先順位を考えた結果、「公認会計士の資格取得よりも、今のスキルがつながるところでキャリアを積むことを第一に、人事や労務の仕事で転職を決めました」とのこと。

さっそくエージェントは、給与計算や社会保険関連業務に携わる社会保険労務士法人の求人をご紹介しました。人事関連のコンサルティングを行う会社ですが、グループには税理士法人やコンサルティングファームもあり、「クライアントのさまざまな要望に対してトータルでアドバイスできるのは魅力がある」とWさん。

経験が少ないため、契約社員として入社し、一定期間を経て正社員として採用される準社員とはなりましたが、スキルアップを目指し、今は気持ちも新たに社会保険労務士の勉強に励まれているそうです。

担当エージェント

エージェント紹介

公認会計士を目指していた時に得た知識と経験を公認会計士の転職支援に活かしたいという想いから弊社へ入社。 会計分野の幅色い専門知識で公認会計士・税理士の方々の転職支援1000名以上。大手税理士法人、コンサルティングファームなど幅広いネットワークが強み。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・大手企業、上場企業、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

IR・人事・労務の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号