中国出身の登録者に、外資系の会計事務所を紹介

S.Kさん  40代以上  女性  
税理士

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
360万円

転職後

勤務先 /
会計事務所
職 種 /
税務
年 収 /
460万円

POINT この転職のポイント

登録者は中国出身。税理士資格取得を前にして転職活動を開始

海外出身者も多く在籍する外資系の会計事務所を紹介

登録者のパワフルさや努力家ぶりが伝わる推薦状を送付

補充が行われたタイミングを見計らって転職活動を開始

Sさんは中国出身の方です。日本の大学を卒業後、会計事務所で働きながら税理士試験の勉強を開始。科目試験で3科目に合格するとともに、科目免除の認定を受けるために大学院に進学されました。ジャスネットにご登録されたのは、修士論文を国税庁に提出し、結果を待っている間で、もうすぐ税理士資格取得者になろうとしているタイミングでした。

Sさんは当時、子育てをしながらすでにある税理士法人に勤めていましたが、その事務所はなかなか人が定着せず、それをカバーするために長時間労働が続いていました。ちょうど事務所で人員の補充が行われたタイミングを見計らい、家庭と両立しながら長く働ける職場を求めて、転職活動を開始されました。

所員もクライアントも多国籍で多様な価値観の集まる職場を紹介

Sさんに紹介したのは、監査や税務、会計などを幅広く手がけている外資系の会計事務所です。同事務所は海外出身の方が数多く在籍しているインターナショナルな職場です。
募集を始めた段階では、特に中国語ができる人材を求めていたわけではなかったのですが、取引先のほとんどが外資系企業ということもあり、Sさんの中国語が活かせるチャンスもあります。

また、外国籍の方が日本企業の中で働くと、日本人ならでの慣習や人間関係に戸惑うケースは少なくありません。働く人の多様な価値観が集まる職場環境も、Sさんにとっての働きやすさにつながるのではないかと考え、同事務所をご紹介しました。

英語力は日常会話レベルだったが、すぐにキャッチアップできるはず

前述したように、この事務所にはさまざまな国籍の方が在籍しており、クライアントも外資系企業が中心です。そのためビジネスレベルでの英語力が求められることになります。
実はSさんの英語力は日常会話レベルであり、けっして高いわけではありませんでした。しかしSさんは、日本という異国の地にやってきて日本語をマスターし、税理士の資格を取得し、小さなお子さんを育てながら働いてこられた方です。そのエネルギーがあれば、すぐにキャッチアップできると私は考えました。実際に英語への習得意欲も高く、週末には語学学校に通って英語力の向上に努めていました。

そこで私は推薦状の中で、Sさんのパワフルさや努力家ぶりをしっかりとアピールしました。履歴書や職務経歴書だけでは伝わりにくいSさんの人柄や姿勢を、推薦状を通じて伝えることにしたのです。

書類選考を通過したSさんは、先方のマネージャーとの一次面接に臨むことになりました。Sさんの熱意も直接伝わり、採用担当者からすぐに二次面接のオファーが届きました。
こうしてSさんは無事に内定を得て、今は、国際的な仕事で頑張っていらっしゃいます。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後、東証一部上場企業で27年間勤務。多くの部門で管理職および営業部長職などを歴任し、社内管理から法人営業、システム構築などを幅広く経験。現在は弊社エージェントとして事業会社、監査法人、コンサルティングファーム、その他非公開会社、ベンチャー企業、外資系企業も得意としている。

【専門領域】
・コンサルティングファーム、シンクタンク
・海外展開あり(日系グローバル企業)


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号