大学院修了により税理士資格を取得、大手税理士法人に転職

T.Oさん  30代  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
経理代行会社
職 種 /
経理
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
400万円

POINT この転職のポイント

税理士資格を武器に、大手税理士法人の国際税務部門への転職を希望

国際税務部門以外の部門から異動を目指すキャリアプランを提案

複数の内定を得て迷う登録者に、比較検討のための材料を提供

人手不足の今の状況なら、大手税理士法人への転職も十分に可能

Oさんは経理代行会社で働きながら、税理士試験の3科目に合格。そして会社を退職し、科目免除による税理士資格の取得を目指して大学院の経営学研究科に進学しました。ジャスネットにご登録されたのは、大学院修了と税理士資格取得が間近に迫っていた時期でした。
Oさんは得意の英語を活かして、大手税理士法人の国際税務部門に転職することを希望していました。当時Oさんは大阪在住でしたが、東京の方がグローバルな仕事が多いと考え、東京で転職活動をすることにしました。

Oさんの年齢は30歳。税理士の資格は取得したものの、税務の実務経験はありません。数年前なら、そのスキルで大手税理士法人へ転職するのは難しかったと思います。しかし近年の人手不足により、今のタイミングならOさんの年齢やご経歴でも採用される可能性は十分にありました。大手の事務所から複数の内定を得るのは難しいにせよ、いずれかの内定を得られる可能性は十分にありました。

あえて本人の希望とは異なる部門を紹介

当社からは大手税理士法人4社と、国際税務を中心に行っている中堅の税理士法人1社をご紹介しました。中堅法人も紹介したのは、大手とは違う職場の雰囲気や中堅ならでの仕事のやりがいを知っていただくことで、選択肢を広げ比較検討してもらえれば、という考えからです。

一方、大手税理士法人については、国際税務部門ではなく事業承継部門の求人をご紹介しました。税務の実務経験もなく、国際的な業務に携わった経験もない状態で、初めから国際税務部門の求人に応募するのは、まだハードルが高いというのが実際のところです。Oさん自身も転職活動を続ける中で、最初から希望の部署で採用されるのは難しいということが分かってきており、私の提案を受け入れてくれました。具体的には同法人の事業承継部門や経理代行部門に応募することにしました。

面接に当たっては、本来は国際税務志望であることをあまり前面に押し出さないようにアドバイスしました。「まずは応募した部門でどんな実績を積み上げていきたいのか。その上で将来何がしたいのか」という順番で、自己アピールをするようにお伝えしました。

ご本人が迷っている時こそ適切な情報提供が大事

面接の結果、Oさんは当社が紹介した大手税理士法人の事業承継部門や経理代行部門のほかに、当社以外の紹介会社を通じて海外進出支援を中心に事業を行っている中堅の税理士法人からも内定を得ていました。Oさんは、内定が出た数社の中でどこを選ぶべきか迷っていました。

そこで私は、比較検討のための材料をOさんに提供することにしました。私が紹介した大手税理士法人選択すると、すぐには国際税務には携わることができません。ただし、同法人では部門の垣根を越えて他部署と連携することが多く、事業承継部門にいながら国際税務にも携わるチャンスがあります。また事業承継部門で実績を残せば、いずれは国際税務部門に異動することも可能です。将来的には、「大手税理法人の国際税務部門で働く」というOさんの当初の希望がかなう可能性があるのです。

一方、経理代行部門を選んだ場合も、そこから国際税務部門に異動することは可能です。しかしOさんは前職の会社でも経理代行業務に携わっていたため、この部門では経験の幅を広げていくことができません。最終的にOさんは、この大手税理士法人の事業承継部門への転職を決断されました。

担当エージェント

エージェント紹介

公認会計士を目指していた時に得た知識と経験を公認会計士の転職支援に活かしたいという想いから当社へ入社。 会計分野の幅色い専門知識で公認会計士・税理士の方々の転職支援1000名以上。大手税理士法人、コンサルティングファームなど幅広いネットワークが強み。

【専門領域】
・税理士法人、コンサルティングファーム、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号