資産税専門の税理士としてステップアップを図る

Y.Iさん  30代  男性  
税理士

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
550万円

転職後

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
550万円

POINT この転職のポイント

10年近く資産税業務に携わってきた経験豊富な税理士

資産税特化型の税理士法人の中でも「名門」の法人を紹介

知識・経験だけでなく、仕事に対する姿勢が評価され内定へ

どこの法人でも欲しがる引く手あまたの経験豊富な人材

税理士法人で10年近く、資産税を中心とした税務業務に取り組んでこられたIさん。ジャスネットにご登録されたのは、資産税の分野でさらなるステップアップを目指すためでした。前職よりも、より富裕層のクライアントを対象とした資産税などの税務申告業務や、生前対策などのコンサルティング業務を手広く行っている法人への転職を希望していました。

資産税の分野は、年々市場が拡大傾向にあります。そのため資産税に特化した税理士法人は、どこも人手不足に悩んでいます。そのためIさんのような経験豊富な人材は、引く手あまたといえました。私としては、数多くある求人の中から、Iさんにとって最もキャリアアップにつながる転職先はどんな事務所なのかを見極めることが重要だと考えました。

面接対策では、志望動機の話し方をアドバイス

そうした中でIさんに紹介したのは、資産税に特化している税理士法人の中でも「名門」といわれるところです。同法人は求職者に対して高いスキルを求めています。ただ税理士の有資格者であることを条件としているだけではありません。科目免除で税理士資格を取得した方ではなく、科目試験にて5科目合格を果たした方のみを対象としていました。Iさんは、前々職の税理士事務所に勤めていた時にすでに5科目に合格されていましたので、その条件についてもクリアしていました。

またIさんは、これまでの実績や資格だけでなく、将来のキャリアパスについてもしっかり描くことができており、志望動機も明確でした。書類選考は難なく通過し、面接対策としては、先方の業務内容を背景として志望動機を伝えるようにアドバイスしました。

仕事に対する姿勢も、採用者側から好感を持たれる

面接は全部で2回ありましたが、二次面接は顔合わせや詳細の確認といった意味合いが強かったため、勝負は一次面接でした。Iさんはこれを難なくクリアして内定を獲得しました。

面接ではIさんの仕事に対する姿勢に先方も好感を持たれたようです。資産税の場合は個人のクライアントが多いため、休日に打ち合わせが設定されることもよくあります。しかし「お客様に喜んでいただくことが自分の喜び」というタイプのIさんにとっては、そうしたことも苦になりません。あとで採用担当者から、Iさんのこうした姿勢も評価したと聞かされました。

Iさんは、新しい職場で働き始めたばかりですが、今後この法人でさらに専門性を高めていくことでしょう。

担当エージェント

エージェント紹介

大学卒業後は新規事業の立ち上げや、人材ビジネス業界での管理職として法人営業、社員育成に携わる。会計業務の請負なども経験する中で、より会計・経理・財務分野のプロフェッショナルに専門性を持って人材ビジネスに携わりたいという想いから弊社へ入社。人材ビジネス業界での長いキャリアから、キメの細かいサポートに強みを持つ。

【専門領域】
・流通、小売(食品、医薬品、化粧品)
・上場企業、株式公開準備、ベンチャー企業


関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号