子育てしやすい環境を求め、事業会社に転職

C.Wさん  30代  女性  
税理士

転職前

勤務先 /
税理士法人
職 種 /
税務
年 収 /
350万円

転職後

勤務先 /
エネルギー関連会社
職 種 /
税務
年 収 /
470万円

POINT この転職のポイント

仕事と子育てを両立しやすい環境を求めて転職活動を開始

エージェントが面接に同席し、登録者をサポート

年収面での不安解消のために、オファーミーティングを設定

タイミング良く希望に合致した求人が出る

税理士事務所で、税務に携わっていたWさん。決算・税務申告業務や月次チェック、税務コンサルなどを経験してこられました。当社に登録されたのは、育児休業中の時でした。税理士事務所では復職後も時短勤務が約束されていましたが、一般事業会社の方が福利厚生が充実していて、仕事と子育ての両立を実現しやすい環境が整っているのではないか、と考えてのことでした。
しかし税務の業務は、多くの会社は社内に専門職を置かずにアウトソースをするため、一般事業会社の求人は決して多くありません。さらにWさんが希望していた「仕事と子育ての両立できる会社」となると、さらに絞られます。

ところが、あるエネルギー関連の事業会社から、ちょうどタイミング良く税務の求人依頼がありました。この会社は残業時間もほとんどなく、Wさんの希望にも合致していました。

残業があまりできないことをどう伝えるか

同社の特徴は、面接時にご本人だけでなくエージェントも同席を求められることです。割合として多くはありませんが、時々このような会社があります。このようなとき、私はあまり口を挟まないようにしていますが、Wさんにお子さんがいることなどの環境面はしっかりお伝えしました。このことから、残業があまりできないなど、登録者の希望や事情について、しっかり伝えることで、条件面での行き違いが起きないようにしています。

今回の案件では、先方はWさんの職務経歴書に目を通した時点で、税務に関する豊富な経験を持つWさんに強い関心を抱いたようでした。面接でも、Wさんに入社してほしいという思いが伝わってきました。

しっかりと納得した上で転職をするために

このように順調に進むかと思われたWさんの転職活動ですが、Wさんは先方から提示された年収額が、残業を前提としたものではないかと疑問を抱いていました。残業代を含んだ年収なのか、元々のベース賃金なのかを知りたいという思いが生じていたのです。
後悔のない転職をする上で、しっかり条件に納得して決めることはとても大切です。私は、先方に問い合わせ、年収のことを含め、条件や福利厚生などについて質問できる、オファーミーティングの場を設定していただきました。

Wさんは、このオファーミーティングの場で疑問点を1つずつ解決したことで不安もなくなり、転職を決意されたようです。現在は、同社で元気に働いておられます。会社側からも「優秀な方ですね」とご連絡をいただきました。

関連求人


経理会計の転職に特化した無料転職サポートに申し込む

税理士の転職事例 最新記事

「Accountant's magazine」最新号