新規登録 求人検索

坂上 大典Sakaue Daisuke HR事業部 エージェント

  • 大学の政治経済学部を卒業後、不動産関連会社の営業、人材紹介・派遣会社を2社経て、ジャスネットに入社。
    人材紹介事業部を経て、現在はHR(派遣)事業部の港区チームのリーダー職とアウトソーシング事業の推進を担当。
    埼玉県出身、在住。

SCROLL
HR事業部 エージェント 坂上 大典のイメージ1

仕事選びのルーツと、人と人との関係性を考えさせられた大阪での営業経験

わたし自身、一貫して人と関わる仕事が好きで続けてきたわけですが、そのルーツがどこにあるのかを考えてみたところ、思い出したエピソードがあります。

大学卒業前、友達といった初めてのアメリカ旅行。たまたま入ったレストランでのウェイター方の接客に、非常に驚いたことがあります。初めての海外旅行ですから、こちらは不安を抱えているわけです。その不安を安心に変えてくれるなんとも言えず心地よく、素晴らしい接客でした。その人自身が人と関わるのが好きなんだろうなと思わせる様子が感じ取れました。このアメリカでの体験が自分の仕事選びのベースにあったような気がします。

その後、東京の大学を卒業して、ホテル事業部のある不動産会社に就職しました。西日本エリアの営業担当となったため、入社早々、大阪勤務に。仕事内容としては、法人に忘年会や新年会、歓送迎会、新入社員研修などでホテルを使ってもらうための予約を取りに行く新規開拓。GWやお盆の繁忙期は、ホテルに手伝いに行ったりもしました。

大阪の土地柄として、「あなた自身が気に入ったから買うよ」「そこまであなたが一生懸命にやってくれるなら買うよ」という、人と人とのつながりを大切にする気質があります。得意先の総務部長の方が、娘さんの結婚式を担当のホテルでやってくださったり、いろんな方が飲みに誘ってくれたり…。とにかく、人と人との関係づくりを考えさせられた、3年弱の大阪勤務でした。

そんな経験を通して、ますます「人と共感することがうれしい」「もっと人と深く関わり、自分と関わった人を幸せにする仕事がしたい」という気持ちが培われていきました。そして、「人と人との関係づくりに関わりたいという思いを形にできる仕事は何だろう?」と考えた結果、辿りついたのが人材紹介会社でした。

HR事業部 エージェント 坂上 大典のイメージ2

登録者も企業も幸せにできるジャスネットの仕事

何社かの人材会社で経験を積んだ後、ジャスネットに入社しました。紹介事業部に2年、その後、HR事業部に異動になり、早くも入社10年目になります。入社当時からおつきあいしている派遣スタッフの方もいらっしゃいます。

ありがたいことに、おつきあいの長いスタッフの中には、「坂上さんに紹介してもらう就業先であれば、どこにでも行きますよ」と言ってくださる方もいらっしゃいます。信頼関係を大切にしてきて、本当によかったなと思います。派遣として長くご就業いただいた後に、その方がご採用担当になられて、発注してくださる場合もあります。さらに、その方が転職することになり、サポートさせていただくという、好循環ができあがっています。

信頼関係と言っても、何も特別なことをしてきたわけではありません。派遣スタッフ一人ひとりの適性、志向性、お人柄、ライフスタイルやご事情などをきちんと把握し、その方に合ったご就業先をご紹介してきたまでです。

ジャスネットは経理に特化した人材会社なので、もちろん、日商簿記2級以上とか、基本的な仕訳ができるとか、求められる技能や経験はかなり具体的です。でも、仕事のスキルという点では、例えば、簿記2級持っている方なら、そう変わらないんですよね。長く安定的にご就業いただくには、実は、それよりも、その方の志向性やお人柄とかが、企業とマッチするかどうかが決め手となります。

ですから、前もって派遣先となる企業様にも、実際に足を運び、ご担当者からじっくりヒアリングもします。お仕事内容に合ったスキルや経験だけでなく、求める人物像、そして、社風や社内のちょっとした慣習なども伺います。実際に職場も見せていただきます。こういうことを積み重ねているうちに、だんだん具体的にイメージできるようになってきました。

また、ご登録者と企業とをお引き合わせする、職場見学の後も大事だと思っています。ご登録者ご本人がどこまでその企業のご就業に意欲を持っているのか。また、企業側にも、ほかに面談されている人がいるのか、いないのか、お聞きします。ご本人がほかにも数社受けていて、あまり意欲がなければ、いくら押しても仕方ないですし、企業側にほかに候補がいれば、ご登録者をがっかりさせてしまう結果にもなりかねませんから。

派遣スタッフにも、企業のご担当者やご経営者にも喜んでいただきたい。幸せになっていただきたい。その思いが、マッチングと好循環を生んでくれているのだと思っています。

HR事業部 エージェント 坂上 大典のイメージ3

派遣スタッフも参加する飲み会「坂上会」

以前、勤務していた人材会社の仲間とも、時々会うことがあります。そんな後輩たちの中から、ジャスネットに転職してきたメンバーも何人かいます。登録に来社して、たまたま社内に空いているポジションがあり、わたしが推薦して社員になった人もいます。

そういうメンバーがつくった「坂上会」という飲み会がありまして(笑)。長年派遣スタッフをしてくださっている方も、“いける口”の方は何人か参加してくださっています。

派遣スタッフの方々は、弊社に雇用されてご就業先で働いてくださる、いわば社員同様の仲間です。チームの仲間として、その方の適性や志向性をよく知り、適材適所のご就業先をご紹介するのは当たり前のことだと思っています。

実は、派遣スタッフの中に、様々な業種で経理部長も経験されたことのある60代の方がいらっしゃるんですね。この方も長いおつきあいになります。企業側は、高い役職を経験された方を敬遠される傾向にありますが、「この方は女性が多いアパレル系企業なども経験されていて、どんな人ともすぐうちとけて一緒に働きやすい人材ですよ」とご説明すると、スムーズにご就業が決まります。こういうことをきちんと心得ていて、推薦できることが大切なのだと思っています。

せっかく自分に関わってくれた人なので、「坂上に関わって失敗した」とは言われたくない。関わった人が喜んでくれる、幸せになってくれる、その人にメリットがあることを提供していきたいと思っています。喜ばれることが喜びです。

たまに、自分の仕事選びの原体験となったアメリカのレストランでの接客体験を思い出します。あの時のウェイターさんのように、登録者の方の不安を拭い去るような仕事ができているのかと。これからの時代、経理関係もどんどんシステム化が進むでしょう。しかし、人が関わる仕事は必ず残っていくと思います。そのためにも、人と人、人と企業の結びつきをこれからも大切にしていきたいと思っています。

HR事業部 エージェント 坂上 大典のイメージ5
エージェント紹介一覧
INDEX