新規登録 求人検索
新規登録

EY新日本有限責任監査法人

ビジネス×監査×デジタルによって監査業務の生産性向上・高度化を追求する組織

NEW正社員直接応募 JS0000315

テクノロジーによって監査の生産性向上と高度化をめざすプロフェッショナル集団
会計とITを駆使した開発の第一線で活躍したいメンバーを募集

この求人に問合せる

求人情報

募集背景

2020年7月、当監査法人は目指すべき次代のデジタル監査・保証ビジネスモデルとしてAssurance 4.0を掲げており、経営トップの力強いコミットのもと、これを実現するために「アシュアランスイノベーション本部」を設置しました。「オペレーション」「アナリティクス」「オートメーション」の各専門分野の人材と知見を集結した専門組織(Center of Excellence(CoE))の強化を進めており、現在の400名体制から2023年までに総勢800名体制を目指しています。
リアルタイムなリスク識別に向けたテクノロジーの開発を担う「AIラボ」は、監査業務の生産性向上と高度化を求め、最先端の監査ツールの開発を行っています。
今回は組織強化のための増員募集です。最新技術を活用し監査業務の変革にチャレンジしたい方の応募をお待ちしております。

職種
  • プロダクトマネージャー
仕事内容 成長できる環境独自サービス

プロダクトマネージャー:
当監査法人の開発組織「AIラボ」で会計士向けのデータアナリティクスや異常検知のためのプロダクトのインハウス開発プロジェクトに従事していただきます。プロダクトマネージャーとして会計監査の現場で有用なプロダクトをデータサイエンティストや公認会計士、エンジニアと協業しながら開発・運用をしていただきます。

【具体的な仕事内容】

  • 新規プロダクトや機能に関する企画の立案、ユーザーエクスペリエンスのデザイン(可能であれば分析や異常検知のデザイン、実装)
  • 既存プロダクトの機能改善についての要件定義、実装、テストのプロジェクト管理
  • 国内・海外の監査チームへのプロダクトの導入推進
  • プロダクトのローンチのための承認プロセスの対応
ポイント

当監査法人では、「会計は会計士、ITはエンジニア」と専門によって分かれるのではなく、会計士でありながら監査業務とテクノロジー業務の両方に深く携わることができます。監査プロフェッショナルだからこそわかる、ソフト・機能の必要性や実用の問題点を提起し、エンジニアを含むチームのメンバーとともに開発・改善ができます。
またAIラボは若いメンバーでも新しいことに挑戦できる環境があり、最先端のプロジェクトやツールの開発に携わることができます。

組織構成

【AIラボ】
チームには、公認会計士やデータサイエンティスト、エンジニアなど、多様なメンバーが約30名在籍しています。また、チーム内には海外オフィスから参加するメンバーもおり、海外拠点と連携しながら、日本で開発したイノベーティブなプロダクトをグローバル全体へ展開するプロジェクトを推進しています。

ポイント

取材でも市川様と岩瀬様の仲の良さは伝わってきました。縦の関係の風通しは大変良く、また組織内のITを専門とするエンジニア等、様々な専門家との横の繋がりも大切にしており、コロナ禍であっても組織全体でコミュニケーションがしっかりとれています。そのため、課題に対して適切に根本的解決に導くことが可能となっています。

必須スキル・経験

プロダクトマネージャー

  • 公認会計士資格(USCPA可)もしくは、それに見合う会計監査経験
  • データ分析ツールの利用経験
  • 英語のリーディング・ライティングスキル(ビジネスレベル)

【歓迎スキル・経験】

  • チームリーダー経験(3年以上)
  • プロジェクトマネジメント経験
  • ビジネス会話が可能な英語スキル
  • 統計学/機械学習に関する知見
  • 不正調査・不正対応の経験
  • スタートアップ企業におけるデータ分析の経験
求める人物像

プロダクトマネージャー

  • チームワークを重視しながら、主体的に行動して仕事を推進できる方
  • 幅広い視野を持ち、異なる分野の知識を結び付けてより良い手法やサービス改善を提案できる方
  • デジタル技術を活用し、監査業務を変革していくVisionに共感できる方
ポイント

必ずしも会計士であることやITに完璧に精通している必要はありません。新しい情報を常にアップデートする姿勢や一歩先の情報をキャッチする力がある人が求められます。様々なバックグラウンドをもつメンバーがいるので、互いに補完しあうことで良いチームを作り上げています。そのためメンバーそれぞれの良さを理解して、適切な指示を出すマネジメント能力も身につきます。

勤務地 駅から徒歩5分以内

〒100-0006
東京都千代田区有楽町一丁目1番2号東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー

  • 日比谷線「日比谷駅」より徒歩4分
  • JR線「有楽町駅」より徒歩5分
勤務時間 フレキシブルな勤務制度

09時30分 ~ 17時30分 (所定労働時間:7時間)

ポイント

在宅勤務、選択シフト勤務、育児・介護に伴う複線型勤務(勤務時間短縮)が可能。
EY Japanでは「ワークライフバランス」ではなく「ワークライフマネジメント」という考え方を推進し、介護や育児、プライベートの充実を実現するためのフレキシブルワークを推進し、環境を整えています。

雇用形態

正社員

給与・待遇
  • プロダクトマネージャー:年収800 - 1,500万円
  • ※賞与:年2回、昇給:年1回
  • ※上記募集ポジションの年収については、ご経験・能力を考慮の上、当法人規定により決定いたします

【手当】
通勤手当(全額支給・法人取扱い規定による)、時間外勤務手当

休日・休暇
  • 土・日・祝祭日(ただし、法人が勤務指定する日は除く)
  • 年末年始
  • 創立記念日
  • 有給休暇
  • 慶弔休暇
  • 出産・育児・看護・介護休暇
  • 公認会計士に係る試験休暇 等
福利厚生
  • 各種社会保険加入(健康保険、厚生年金、公認会計士企業年金基金、雇用保険、労災保険等)
  • 選択制確定拠出企業型年金制度
  • 退職金制度 ※退職金規定による
  • 慶弔見舞金
  • 契約施設・ホテル・スポーツクラブ等割引利用
  • 各種クラブ活動 等

担当の取材メモ取材担当 相澤 明依

取材から受けた会社の印象

今回はEY新日本有限責任監査法人 アシュアランスイノベーション本部の市川様、岩瀬様、井上様にお話しを伺いました。

皆様が最も大切にしていることは「監査業務の生産性向上と高度化を目指し、社会をよりよくしていく」こと。これは新しいことに日々挑戦する彼らのミッションです。ミッション達成のために根本的な課題を発見すること、そしてそれを会計知識のないエンジニアに分かりやすく伝える力が求められます。エンジニアに分かりやすく伝えることは、いわば会計士とエンジニアの「通訳」の役割を担っています。

このようにAIラボでの業務は、テクノロジーと監査が融合し、もはや新しい職種と言えるかもしれません。2つの専門知識を日々アップデートすることは簡単ではないと思いますが、新しいことに携わるやりがいのある仕事だなと、インタビューを通して感じることができました。

監査業務をより良くしたい気持ちがある方や監査以外のことにも携わりたい方、ITを用いて仕事がしてみたい方にはぜひ応募していただきたい求人です。

会社概要

会社名 EY新日本有限責任監査法人
設立 2000年4月
代表者 理事長 片倉正美
従業員数 5460名(2020年12月31日時点)
所在地 〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
事業内容 監査及び保証業務をはじめ、各種財務関連アドバイザリーサービスなど
企業ホームページ https://www.shinnihon.or.jp/

応募・選考

採用までの流れ 書類選考→部門面接(2~3回)→最終面接(人事)→内定→入社

この求人に 問合せるには、
ご登録 [無料] が必要です

弊社サービスにご登録済の方は、
ログインしてからご利用ください。

新規登録弊社サービスを初めてご利用される方

公認会計士向け求人・現場で働く会計士の声